ホーム > > 特集:食 > 焼きたまごのサンドイッチ

シンプルだけに、奥が深い?
焼きたまごのサンドイッチ

オムレツのようなぶ厚い焼きたまごをはさんだサンドイッチ。京都ではよく見かけますが、お店によって具材や味付けはいろいろ。シンプルなように見えて実は奥深いのかも? というわけで、いろいろなお店の焼きたまごサンドイッチを集めました。

ぶ厚さは“あの店”流

ぶ厚い焼きたまごを自家製デミグラスソースとマスタードクリームと一緒に。昨年閉店した洋食店「コロナ」のレシピを受け継ぎつつ、卵に牛乳を加えるなど独自アレンジを加えて進化中。
「コロナの玉子サンドイッチ」630円

白、緑、黄色と 色合い鮮やか

パンの白に、野菜のグリーンと卵の黄色が映えてきれい。サニーレタスとレタスの2種類を使い、彩りをよくしているそう。ちょっと鼻にツンとくる、からしマヨネーズの風味がアクセント。
「卵サンド」600円

黒コショウがきいてます!

表面に軽く色が付く程度に焼いたパンで、焼きたまごと野菜をサンド。白身のコシを残すため、卵はあまりかき混ぜないのがこだわり。ブラックペッパーがきいています。
「玉子サンド」560円

絶妙なやわらかさの とりこに

ケチャップとマヨネーズで味付けしたシンプルなサンドイッチ。焼きたまごは、一見ふっくらやわらかそうですが、食べてみると程よい歯ごたえが。この絶妙な食感がたまりません。
「玉子サンド」600円

バターの香りがふんわり卵に

バターを加えて、空気を含ませながらふんわり焼きあがった卵。風味豊かな仕上がりです。レタス、トマト、キュウリも入って、彩りも華やかですね。
「玉子トーストサンド」580円

トロリとした焼き加減がポイント

半熟っぽさを残した、とろり具合がポイント。そのままのおいしさを感じてほしいからと、卵に少し塩味をつけているほかは、味付けはマヨネーズと粒マスタードのみ。
「たまごのサンドイッチ」850円

喫茶 マドラグ

中京区押小路通西洞院東入ル
TEL:075(744)0067
午前11時30分~午後10時(LO9時)
日曜定休

Prangipani(フランジパニ)

上京区室町通鞍馬口下ル
TEL:075(411)2245
午前10時~午後6時
日曜定休(4月までは木曜も休み。
そのほか不定休あり)

カフェコレクション

左京区北白川追分町67
TEL:075(722)0737
午前11時~午後10時(LO)
定休日なし

coffee shop Amazon

東山区七条通川端東入ル
TEL:075(561)8875
午前7時30分~午後5時30分(LO) 
木曜定休(祝日の場合は営業)

喫茶feカフェっさ

東山区東大路通三条下ル三筋目東入ル、一筋越えた南側
TEL:075(541)3917
午前8時~午後7時(LO6時45分)
  木曜定休(祝日の場合は営業)

SONGBIRD COFFEE

中京区竹屋町通堀川東入ル
TEL:075(252)2781
午前11時~午後10時(LO9時)
水・木曜定休(祝日の場合は営業)

食 バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ