ホーム > > かけいぼ診断

かけいぼ診断 ファイナンシャルプランナーが家計簿をチェック、家計の色んな悩みにお答えします

質問

新築戸建てに住み替えたいけれど
教育費や老後資金の貯蓄が優先?

夫44歳(会社員) 妻37歳(パート) 子7歳・3歳

父に協力してもらって、中古の一戸建てを住宅ローンで購入しました。住宅ローンが残り600万円あるのですが、金利分を節約したいので繰り上げ返済を検討しています。しかし、家の日当たりや風通しが悪く住みづらいため、新築住宅への買い替えも思案。教育費や老後資金のことを考えると、我慢して住み続け、貯蓄を増やしていくべきかとも思っています。

買い替えで住宅取得費が発生
貯蓄は手元に残すのが無難

共働きで子育ても忙しい中、とてもバランスの取れた家計運営ができていますね。

食費や住宅ローン、通信費などどれもうまく抑えることができています。また、支出をしっかりと細かく把握されているため、使途不明金などの無駄もなさそう。貯蓄と学資保険、黒字を合わせると手取り収入の25%に。まずまずの水準ですので、この調子を維持していきましょう。

支出には特に見直すべき項目がないのですが、保育料・学校関係費や習い事の負担が重くなっています。奥さまの収入の半分近くが保育料・学校関係費に充てられているため、気になっておられるかもしれませんが、下のお子さまの小学校入学とともに楽になるはず。将来の教育費や老後資金作りを見据え、このまま共働きを続けていくのが理想です。

繰り上げ返済して貯蓄を充実させるか、条件のよい新築住宅に住み替えるか、悩んでおられるようですね。貯蓄などの水準が保てるようなら、買い替えも可能。ただし、買い替えには住宅取得の費用がかかります。

家計に余力を残しローン返済に回すことができるのは、お父さまへの返済分を除いて毎月4万~5万円。借り入れ1000万円、期間20年、現在の全期間固定の水準を目安に金利1.5%でローンを組むとすると、月々の返済額は約4万7000円となります。この金額に、住宅売却で残るお金と自己資金を足したものが、購入できる新築住宅の目安となります。

また、住みやすい賃貸住宅に引っ越しをするという選択肢もあります。住み替えは、慎重に検討して、今度こそご家族にとってベストな環境を手に入れてください。早急に繰り上げ返済をせず、貯蓄は手元に残しておく方が無難でしょう。

これからも、お二人で力を合わせて堅実な家計を崩さず、家族の夢を実現していきましょう。


【回答者】
ファイナンシャルプランナー
八束 和音

家計簿診断相談募集

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ