ホーム > > 特集:子育て・子ども > お母さんたちの“つながる場”ができました!

お母さんたちの“つながる場”ができました!

「子どもと一緒に参加OK! ママひとりでも参加OK!」をうたった「ママ oide かふぇ」。昨年12月6日に京都市南青少年活動センターで1回目が開かれました。母親同士がつながる場がまた一つ生まれましたよ。

クラフト作り、親子写真撮影会も

ワークショップでは、めいめいが熱心にクリスマスツリーやキャラクターの飾りを手作り。「自分でこれだけの材料をそろえるのは大変なので、ありがたいです」との声も

優しい自然光の中、写真撮影。メンバーも、子どもの笑顔を引き出すお手伝い

「わぁ、いい表情!」と盛り上がっているのは、京都市南青少年活動センターのロビーに設けられた親子撮影会のコーナー。子育て支援団体「えむすまいる」によって開催された第1回「ママ oide かふぇ」での様子です。

毎月1回実施され、今回の参加費は300円。飲み物をもらい、ワークショップや特別企画に参加したり。この日は、3組の親子を迎え、ドングリや松ぼっくりが材料のクラフトワークショップが行われていました。

松ぼっくりをきれいにペイントし、接着剤でモールやビーズを貼り付ければ、手のひらサイズのクリスマスツリーが出来上がり! 作業に集中するママの傍らでは、メンバーがごく自然に子どもを抱っこしてあやす姿も見られました。

一方、窓際ではプロカメラマンによる親子撮影会が進行中。床にフワフワのマットが敷かれ、かわいい小物もセットされています。年賀状にも使える写真を撮影、希望者は500円でデータがもらえるのだそう。伏見区から来た伊藤尚美さんは、「『えむすまいる』のブログで知り、参加しました。娘と私、二人で写した写真はあまりないので、うれしいです」と、7カ月になる次女と撮影を楽しんでいましたよ。

子育ての悩みも受け止めてもらえます

「えむすまいる」のメンバーの秋口千佳さん、佐々木かをるさん、春田佳世子さん、森口ともこさん、川戸理恵さん(左から)。一緒に活動をしてくれるメンバーを募集中とのこと

2012年に発足した「えむすまいる」は、これまで1年に1回、「ファミリーマルシェ」を開催してきました。昨年の第3回は、約500人が来場する人気ぶりだったそう。

「たくさんの方に来ていただいてやりがいを感じています。ただ、限られた人数で開催しているため、当日はイベントをやり遂げることで精いっぱい。もう少しゆっくりと話を聞いたりできる機会があればと思っていました」とは代表の春田佳世子さん。

そこで企画したのがこのイベント。子育て中のお母さんが気軽に出かけられる憩いの場を提供したい、そしてさまざまな出会いや、子育ての悩みを持っている人の交流の場として育ってほしいと夢はふくらみます。

メンバーの川戸理恵さんも、「決まった友達と、それもたまにしか外出しないママがいます。そういう人にも来てもらい、交流の幅を広げてもらいたいです」と話していました。

今後の開催日や内容はブログ(http://ameblo.jp/to-mi-hi-ky/)やフェイスブックでチェック可。問い合わせは春田さん=TEL:090(3948)6323=へ。

  • 次回の「ママ oide かふぇ」
  • 日時
    1月16日(月)午前10時30分~午後2時30分ごろ(予約不要、自由に来場を)
  • 会場
    京都市南青少年活動センター(京都市南区西九条南田町72)1階ロビー
  • 参加費
    無料(ランチ、ドリンクは別料金)
  • 内容
    アイシングクッキー作り体験(500円)など

子育て・子ども バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ