ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

とりつくしま

東直子 ちくま文庫・648円

死んでしまった後、モノになって大切な人に再び会えるとしたら?

「とりつくしまがない」という言葉の意味には、相手がつっけんどんで話しかけるきっかけがない、頼るものがないといったものがありますが、この本の場合は間違いなく後者。

思いがけず死の瞬間を迎えてしまった人たちに、優しく語り掛ける「とりつくしま係」。この世に未練があるなら、何かモノになって戻ることができますよ、と。大切な人に会いたいという思いが、マグカップや補聴器など命のあるもの以外のモノとなり、再び心の安息を求めて旅立ちます。

その命が消えることによって、人という形はなくなったとしても、思いは残るもの。春にふさわしい優しい涙があふれる物語です。

【紹介者】
大垣書店四条店 小林素紀さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ