ホーム > > 特集:食 > いろいろ混ぜごはん

いろいろ混ぜごはん

炊きたてごはんに具材を混ぜ込み、出来上がり。“パートナー”次第で、ご飯がさまざまな表情を見せるのです。今回は、そんな混ぜごはんの作り方を5人の料理人に教えてもらいました。和の調理法だけではなく、中華風、洋風、韓国風とバラエティー豊か。アレンジレシピも紹介しているので、余ったときにはこちらも楽しんでみて。

ふっくらアサリとイタリアンパセリが相性良し/「深川めし風混ぜごはん」

アサリのだしをきかせた、東京の郷土料理「深川めし」風の混ぜごはん。

「ネギに代えてイタリアンパセリを使い、さわやかにしてみました。青ジソやセリ、ミツバも合います。アサリを煮るとき、何度か取り出して味をなじませるのは少し手間がかかりますが、こうすると火が通り過ぎず、ふっくらと仕上がります」と加藤さん。

教えてくれた人
「食たくかとう」
加藤雅也さん
材料
  • ごはん……………………………………………………………2合分
  • アサリ(殻つき・砂抜きをしたもの)………………………600g
  • イタリアンパセリ(軸を除きみじん切りにしたもの)……10g
  • だし昆布…………………………………………………………8cm角程度
  • 酒、水……………………………………………………………各360cc
A
  • 濃い口しょうゆ…………………………………………………大さじ2
  • みりん……………………………………………………………小さじ2
作り方
  1. 鍋にアサリとだし昆布、酒、水を入れ、中火で酒蒸しにする。アサリの殻が開いたら火から下ろす
  2. アサリを取り出し、殻をむく
  3. ❶の煮汁をキッチンペーパーでこす。そのうち180ccを鍋に移し、Aを加えて中火で沸騰させる
  4. ❷を加え、30秒たったら取り出す
  5. ❹の煮汁を3分煮詰めて、❹のアサリを戻し入れる。再び沸騰したら火を止める
  6. ごはんにイタリアンパセリと❺を煮汁ごと加え、手早く混ぜ合わせる
アレンジ!アサリぞうすい
残ったアサリのだし汁180cc(足りなければかつおだしなどを追加)を沸かし、塩と薄口しょうゆで調味。混ぜごはん(茶わん1杯分)を加えて、再び沸騰したら溶き卵1/2個分をまわし入れる。器に盛り、アオサを飾る

ジューシーで、甘味が増したトマトが決め手/「自家製ドライトマトのイタリアンごはん」

パスタでもおなじみの、ベーコン、ナス、トマトの組み合わせは、ごはんにもよく合います。オリーブの実を入れてもいいのだとか。

じっくりと火を入れた自家製ドライトマトは、ジューシーで甘味が濃厚。「そのままおつまみとして食べたり、サンドイッチなどにも使えるので便利です」(早川さん)

教えてくれた人
「Vena(ヴェーナ)」
早川大樹(ひろき)さん
材料
  • ごはん………………………………………………………………2合分
  • プチトマト…………………………………………………………15個
  • タマネギ(みじん切り)…………………………………………1個分
  • ベーコン(2cm幅の細切り)……………………………………80g
  • ナス…………………………………………………………………2本
  • ニンニク(みじん切り)…………………………………………1かけ分
  • オリーブオイル……………………………………………………20cc
  • 揚げ油………………………………………………………………適量
  • 塩、こしょう………………………………………………………各適量
  • バジル、パルミジャーノチーズ(粉チーズなどでもOK)……各適量
作り方
  1. プチトマトはヘタを取り、横半分にカットして塩を少しふる。100℃のオーブンで1時間加熱し、水分を飛ばしてドライトマトを作る
  2. フライパンにニンニクとオリーブオイルを入れ、焦がさないよう弱火で加熱し、オイルに香りを付ける。タマネギを加え、中火で炒める。しんなりしたらベーコンも入れて炒め、塩(小さじ1)とこしょうで味付けする
  3. ナスは厚さ2cmのいちょう切りにし、塩水につけてアクを抜く。揚げ油を150℃に熱し、水気を切ったナスを素揚げにする。油をしっかりきり、軽く塩をふっておく
  4. 飾り用に❶を少し取り分け、残りを❷❸とともにごはんに混ぜる
  5. 器に盛り、ドライトマトとバジルを飾る。オリーブオイル(分量外)をまわしかけ、削ったパルミジャーノチーズをトッピングする
アレンジ!ライスコロッケ
角切りのチーズを入れて丸め、パン粉を付けて揚げる。バジルのフライ(150℃で5秒ほど素揚げ)を飾る

食 バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ