ホーム > > 特集:おでかけ > 初夏は“竹”を感じるスポットへ

初夏は“竹”を感じるスポットへ

あちこちで見られる竹。風でサラサラと揺れる葉の音に涼しさを感じ、木の香りに心癒やされますね。初夏は、そんな“竹”を求めて出かけませんか。

ベンチや柵、歩道までが竹!

向日市・竹の広場

細長い散策路。散歩の途中の休憩場所としても使われています

青竹踏みも設置

街中でも竹に触れられる場所があります。 それが、この3月、キリンビール京都工場跡地の一角に完成した「竹の広場」。向日市と京都市の境界線を越え、イオンモール京都桂川の交差点を渡ってすぐに現れる「向日市へようこそ」の看板が目印です。

「市の特産品である竹を身近に感じてもらえるように、できる限り竹で構成する広場を造れたら」と、向日市が地元の竹産業振興協議会の協力を得て生まれた場所。歩道と一体となった細長い約280平方メートルの敷地内に、向日市産の竹がさまざまな形で見られます。

入り口の看板や、ところどころに置かれた八つのベンチ。円形や1人用のものに加え、柱や屋根まで竹のものもあります。全部竹で作られたベンチ、なかなか風情がありますね。

竹の枝を束ねた「竹穂垣」や、古墳の形を表現した「古墳垣」など、「竹の径」に置かれた竹の柵8種の縮小版も並びます。説明書きもあるので、職人技を知る機会になりそう。

敷地内には、「青竹踏み」や、モウソウ竹、ササの姿も。さらに歩道には、竹のチップも練り込まれているんです! ふんだんに竹が使われているからか、竹の香りも感じられましたよ。

住所・アクセス
向日市寺戸町八ノ坪(阪急「洛西口」駅から徒歩10分・JR「桂川」駅から徒歩13分)

青々とした竹林をゆったりと観賞して

右京区・竹林の散策路

よく見ると、竹の緑にも濃淡があるよう。人力車が通ることもあるんですよ

嵐山の人気観光スポットの一つ、「竹林の小径」。こちらとはまた違った魅力を感じる「竹林の散策路」が、2015年秋、野宮神社の近くに登場しました。

神社の横を過ぎ、JRの線路を渡った先の、右手に広がる散策路。竹林の中に作られた、1周約5分の通路を自由に歩くことができます。

この散策路を手がけたのは、「人力車のえびす屋」。観光客や市民が自由にゆっくりと散策できるようにと、竹林の管理に使われている道を舗装したのだとか。

竹林に一歩足を踏み入れると、まるで緑のシャワーを浴びているかのような気分に。静けさを感じながら歩いていると、時折、木の間から光が差し込み、きらめきます―。こちらはまだ比較的人も少ないので、ゆっくりと“別世界”に浸れますよ。

「竹は一年中見られますが、今の時季には若竹が生えているため、より濃い色の様子が楽しめると思います」とはスタッフの笹井啓行さん。

この時季ならではの景色が広がっているんですね。

料金
無料
入場時間
午前9時~午後5時(閉門時間は時期により変動します)
住所・アクセス
京都市右京区嵯峨野々宮町2
(嵐電「嵐山」駅・JR「嵯峨嵐山」駅から徒歩10分)
問い合わせ
人力車のえびす屋=TEL:075(864)4444

おでかけ バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ