ホーム > > かけいぼ診断

かけいぼ診断 ファイナンシャルプランナーが家計簿をチェック、家計の色んな悩みにお答えします

質問

2人目を希望しています。これからかかる養育・教育費のために、すぐにでも、妻は働きに出た方がよいのでしょうか?

夫34歳(会社員) 妻35歳(主婦) 子0歳

初めての育児に奮闘されておられることかと思いますが、食費、光熱費、通信費、お小遣いなどにムダがなく、日々のやりくりにも手抜きがありません。月々の教会への献金額は決して少額ではありませんが、他の支出で調整が取れており、適正な支出の範囲に収められていますね。

第2子を希望されており、今後の養育費や教育費のために、第1子を保育所に預け、奥さまも働きに出た方がよいのではないかとお考えのようですね。ご相談者の家計は、ご主人の収入がしっかりとあり、奥さま分の収入がなくとも年間160万円程度は貯蓄に回せる余裕があります。

お子さまにかかる費用について考えてみましょう。誕生後、ミルク代やオムツ代にはじまり被服費などに月額2万~3万円。3歳から私立幼稚園に入園し、習い事も始めるとすると、1人につき年間50万円程度の教育費がかかる見込みです。なお、幼稚園代は、お住まいの地域や世帯所得によっては負担軽減措置があります。仮に、2年後に第2子が誕生し、私立幼稚園に進学されたとしても、まだ、年間収支はプラス。今すぐ働く必要はなさそうです。

現在の貯蓄、これから積み上げる貯蓄などで教育資金はまかなえるとして、奥さまの働き方や収入の目安について、老後資金の準備を中心に計画を立てられるのも一つです。退職時の生活水準やセカンドライフの過ごし方にもよりますが、退職金を含めて3000万~4000万円がご夫婦の老後資金の目標額になります。

ご主人の退職金の予定額から、奥さまはどれぐらいの収入を目指して、いつごろから働くのがよいのか、ご夫婦でじっくりと考えてみてはいかがでしょう。

【回答者】
ファイナンシャルプランナー
薮内 美樹

家計簿診断相談募集

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ