ホーム > > かけいぼ診断

かけいぼ診断 ファイナンシャルプランナーが家計簿をチェック、家計の色んな悩みにお答えします

質問

頭金1300万円でマイホームの購入を検討しています。母の介護で、妻が退職する可能性も。適正な物件価格を教えてください。

夫34歳(正職員) 妻42歳(正職員) 子4歳 母71歳

共働きで社宅住まいのため、余裕がある家計。かなりの貯蓄もあり、同居のお母さまの将来にも配慮されるなど、責任感が強く堅実な様子が伝わってきます。

ご相談者もお考えのように、各支出が少しずつ膨らんでいます。中でも食費や日用品代、レジャー費は高め。お母さまの介護で奥さまが退職する可能性もあるよう。各支出を1割カットして、いざというときには生活レベルを抑制する準備をしておきましょう。

また、死亡保障のある生命保険には未加入とのこと。ご夫婦とも安定した収入があり、貯蓄も多いので今はOKですが、奥さまの退職時には見直しが必須です。その際は、2000万円程度を目安にご主人の死亡保障を確保するとよいですね。

頭金1300万円で、住宅購入を検討中。ご希望の物件は5500万円ですが、退職まで共働きを続けるのであれば購入可能です。しかし、ご主人のみの収入になると状況は大きく変化します。現状の食費、レジャー費、小遣いなどを2~3割ダウンさせ、奨学金の返済や保育料の支払いが終わっても、住宅ローン返済に回せる金額は月5万円程度。ボーナス返済を合わせ、適正な返済額の目安は年100万円です。

この範囲で収まる住宅ローンの借入額を、金利1.5%、返済期間30年で逆算すると約2400万円に。この金額に頭金の1300万円を足した3700万円が、諸費用を含めた物件の上限額となります。働き方が定まらない場合は、無理のない計画をお勧めします。

老後資金の準備も気になっているようですね。目標は、リタイア時に退職金を含め3000万円を確保すること。奥さまが働ける限りは共働きを続け、貯蓄を増やすよう頑張ってください。

【回答者】
ファイナンシャルプランナー
八束 和音

家計簿診断相談募集

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ