ホーム > > 試写室・劇場から

試写室・劇場から

ジュラシック・ワールド/炎の王国

7月13日(金)からTOHOシネマズ二条、T・ジョイ京都、MOVIX京都で公開

©Universal Pictures

迫力の3D映像で味わいたい 恐竜アドベンチャーの新作

マイケル・クライトン原作の「ジュラシック・パーク」に心おどらせたオールドファンも、きっと目を見開いて夢中になるだろうというのが、この「ジュラシック・ワールド」の続編。種類豊かな恐竜たちの姿と、彼らをめぐって争う人間たちの欲望や希望が絡まり合って、見ごたえのあるドラマに仕上がった。

恐竜のテーマパーク「ジュラシック・ワールド」が破壊されて3年後、その島では火山の噴火が起こり、生存している恐竜たちに危機が忍び寄っていた。恐竜の保護を使命だと考えるクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と、自ら育て上げた恐竜ブルーを救出しようというオーウェン(クリス・プラット)は島へと向かうのだが…。

行き過ぎた遺伝子操作への警告と、動物でも何でも金もうけの対象にしてしまう人間への批判、これに、男女のロマンスの香りを少々。とにかく観客を楽しませたいという作り手の熱い心が、T-レックスをはじめとする恐竜の造形に宿っている。監督はスペイン出身のJ・A・バヨナ。

(ライター 宮田彩未 

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ