ホーム > 第11回「リビングマタニティコンサート」

第11回「リビングマタニティコンサート」9月8日(土)に、妊娠中の女性とその家族400人を無料招待します。トークと音楽を楽しんで。「お楽しみプレゼント抽選会」も

ご応募はこちらから

妊娠中の女性と、そのお母さんなどの家族を対象に、京都リビング新聞社が主催する「リビングマタニティコンサート」。今回で第11回となるイベントで、演奏されるクラシック音楽が〝出産を控えたママの胎教によさそう”と毎回好評。出産や子育てに関するトークも楽しめますよ。

この催しに、400人を無料で招待します。
ゲストは陰山英男さん 話題は出産と育児です
第1部は、妊婦の健康や出産後の子育てについての話が聞ける「マタニティトーク」。出演は、足立病院院長の畑山博さんです。妊娠・出産期の体調管理のポイントなど、これからの生活の参考になる興味深い話をしてくれます。

ゲストは、陰山ラボ主宰の陰山英男さん。生活習慣で基礎学力の向上を目指す「陰山メソッド」を確立し、2016年までは立命館大学教授も務めました。プライベートでは昨年、初孫が誕生。祖父としての立場からのトークも期待できそう。
おなかの赤ちゃんとゆったり楽しむ生演奏
第2部は、京都フィルハーモニー室内合奏団による「マタニティコンサート」。題名は知らなくても、一度は聞いたことがあるクラシックの名曲や、懐かしい童謡唱歌が満喫できます。音楽を聞くことでリラックスできそうですね。

続く第3部は「お楽しみ抽選会」です。協賛各社から提供された商品が用意されます。

プログラム

第1部

「マタニティトーク」
出演者/医療法人財団足立病院院長 畑山博さん
ゲスト/陰山ラボ主宰・陰山英男さん

ゲストは陰山英男さん。昨年、初孫が誕生したそう

第2部

「マタニティコンサート」
出演/京都フィルハーモニー室内合奏団
曲目/「愛の挨拶」(エルガー)、オペラ「フィガロの結婚」より「もう飛ぶまいぞこの蝶々」(モーツァルト)、「トロイメライ」(シューマン)、「五木の子守唄」などを演奏

京都フィルハーモニー室内合奏団

第3部 「お楽しみ抽選会」

リビングマタニティコンサート

日時 9月8日(土)午後0時30分開場、午後1時30分~4時(予定)
会場 京都コンサートホール・アンサンブルホールムラタ
(左京区下鴨半木町1-26、地下鉄「北山」駅1番出口から南へ徒歩3分)
応募要項 応募者の①住所(郵便番号も)②氏名③年齢④電話番号⑤出産予定日⑥参加人数(応募者を含めて4人まで)と同伴者の氏名・年齢⑦「マタニティトーク」で質問があればその内容を記入し、はがき・ファクスで応募、または当ホームページの『ご応募はこちらから』ボタンから応募を。
〈あて先〉〒604-8560(住所不要)京都リビング新聞社「マタニティ」係、〈FAX〉075(212)8857
申込締切日 8月24日(金)※はがきは当日消印有効。
※応募者多数の場合は抽選。当選者にのみ、8月27日(月)ごろ参加証を送付
主催・問い合わせ 京都リビング新聞社
TEL:075(212)4856(午前10時〜午後6時)土日祝休
後援 医療法人財団足立病院
協賛 京都生活協同組合宅配事業部・夕食サポート事業部、森永乳業㈱、㈱グランマーブル、
山口忠兵衛商店、京都東急ホテル ほか

会場地図

ご応募はこちらから

このページのトップへ