ホーム > > 特集:おでかけ > 錦秋を満喫しよう!紅葉スポット情報

錦秋を満喫しよう!紅葉スポット情報

さわやかな秋の風が吹くこのごろ、そろそろ気になるのが木々の紅葉ぐあい。今回は地元の紅葉の名所をご紹介。今年の見ごろは例年より遅めという観測もあるので、最新の色づき情報をチェックしてから、紅葉狩りへと出かけましょう。


夜の境内は祈りの世界  醍醐寺(伏見区)


池に映り込む紅葉も風情がありますね

桜のイメージが強い醍醐寺ですが、しみじみと美しい紅葉の風景も見どころの1つ。仁王門をくぐれば、参道はモミジのトンネル。弁天堂が立つ池の周辺(林泉)のモミジもあでやかに染まります。伽藍(金堂・五重塔)入山料600円。

11月19日(金)~12月5日(日)午後6時~8時50分(8時10分受け付け終了)には、一般に向けての初の試み「秋期夜間拝観」を実施。五重塔や林泉が照明で浮かび上がる中、読経の声が響き、境内は祈りの世界に。ひと味違う、秋の表情を見ることができます。夜間拝観は参拝料1000円で事前申し込み要。駐車場は利用できません。地下鉄「醍醐」駅から、徒歩10分。
問い合わせ・申し込みは同寺 TEL:075(571)0112




境内の「狛うさぎ」も紅葉見物!?  三室戸寺(宇治市)


山は赤から黄のグラデーションに

西行も歌に詠んだ、三室戸寺の紅葉。境内に来年のえと・うさぎの像(狛うさぎ)があることでも注目が集まっていますよ。モミジ・クヌギ・サクラなど全山約500本の樹木が色づくのは、例年11月中旬ごろから。特に三重塔付近からは、見上げれば山のモミジの赤、見おろせば黄色のイチョウと、まぶしいコントラストが楽しめます。拝観料500円。

11月3日(祝・水)~12月5日(日)の土日祝には「観音様の足の裏を拝する会」を開催。午前9時30分~午後3時随時受け付け。別途300円が必要です。京阪「三室戸」駅から、徒歩15分。
TEL:0774(21)2067




香りや音にも注目してみて  宇治市植物公園(宇治市)


宇治市植物園「秋のゾーン」

さまざまな紅葉が楽しめる植物公園。例年11月中旬ごろから「秋のゾーン」を中心に、カエデ類14種200本が赤・黄・オレンジに染まり、ラクウショウはロマンチックなセピア色に。ケヤキ・ナンキンハゼもとりどりに色づきます。
香りや音にも注目して。カツラの落ち葉は砂糖じょうゆを焦がしたような香りがするとか。落ち葉を踏みしめるときの音は、植物の種類により異なるそう。

11月13日(土)~23日(祝・火)「紅葉フェスタ」を開催。リース作りやどんぐりこまトーナメントなど、秋を楽しむイベントが日替わりで催されます。京阪・JR「宇治」駅または近鉄「大久保」駅からバスで「植物公園」停下車、すぐ。月休。入園料500円。
TEL: 0774(39)9387。




「琴坂」がモミジのトンネルに  興聖寺(宇治市)


池に映り込む紅葉も風情がありますね

ゆるやかに続く約200mの参道「琴坂」は、例年11月下旬から真っ赤なモミジに囲まれます。境内から望む琴坂は、白い山門との対比で、よりあざやかな「燃える秋」を感じさせます。

京阪「宇治」駅から徒歩15分、JR「宇治」駅から徒歩20分。境内参拝自由、本堂拝観は志納金300円以上(予約が必要)。
TEL: 0774(21)2040。





まだまだあります おすすめ秋のお散歩エリア

城南宮
曲水の宴が催される「平安の庭」では、例年11月末よりモミジが見ごろに。フジバカマやシオン、ツワブキなどの秋の花ばなも順次開花します。
近鉄・地下鉄「竹田」駅から市バス「城南宮東口」停下車、徒歩5分。拝観料500円。
TEL: 075(623)0846

宇治市黄檗公園
体育館周辺にカツラやカシ、サクラ、カエデ、ケヤキなどの木立があり、気軽な散策にぴったり。11月中旬から色づき、ドングリ拾いの子どもたちの歓声が響きます。
JR「黄檗」駅から徒歩10分、京阪「黄檗」駅から徒歩15分。
TEL: 0774(39)9249

伏見桃山山城運動公園
例年11月中ごろから、天守閣を背景にモミジ70本が真っ赤に染まります。ベンチのある休憩場所もあり、のんびりスケッチなど楽しめそう。
JR「桃山」駅から徒歩15分、近鉄「桃山御陵前」・京阪「伏見桃山」駅から徒歩20分。
TEL: 075(602)0605

おでかけ バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ