ホーム > > 特集:おでかけ > ゴールデンウイークは、京都府北部・南部の町へ

ゴールデンウイークは、京都府北部・南部の町へ

いよいよゴールデンウイーク! せっかくの機会なので、少し足を延ばして京都府の北部・南部の町へ出かけませんか。各町の観光関連の担当者がリビング読者のために、家族で楽しめるスポットを紹介してくれました。事前予約は不要なので、気軽にワンデートリップを。

伊根町
海上タクシーで伊根湾を一周

伊根の舟屋

舟屋は1階が船のガレージ、2階が居住スペースという独特な建物。伊根湾のこの一帯は、重要伝統的建造物群保存地区に選定されています

海上タクシーの一つ、「亀島丸」(定員12人)の船長・山田敏和さん。乗船中は、カモメのえさやり体験も!

道の駅「舟屋の里伊根」の「舟屋海鮮丼」(1600円)。ブリ、タイ、シメサバ、カンパチなど、その日のオススメのネタ7種が乗っています

伊根の町並み。レンタサイクル(無料)を利用して散策するのもおすすめです

4月1日に移転、オープンした伊根町観光案内所。情報収集はこちらで

伊根湾沿いに約230軒が立ち並ぶ伊根の舟屋。海上タクシーに乗ると、海側から舟屋の見学ができるとのことで、いざ乗船。潮風に吹かれながらの、約30分の伊根湾一周〝プチ船旅〟です。

すぐに漁に出られるよう、舟屋は水際ぎりぎりに建てられているそう。漁業と日常生活が密着していることが分かります。

海上タクシーでは、船長から話を聞けることも魅力。時折停泊し、「あの舟屋は映画のロケで使われました」「一番古い舟屋はあちら。構造がほかとは違うでしょう」などと解説してくれます。乗船の申し込みは観光案内所でも可能。湾内であれば乗船場所の指定もOKです。

そして、海の町まで来たら楽しみなのが食事。おすすめは、伊根湾を一望できる高台にある道の駅「舟屋の里伊根」です。こちらの「レストラン舟屋」では、朝に伊根湾で水揚げされた魚を使った海鮮丼が人気とのこと。5月上旬には、伊根産の岩ガキが登場しますよ。

伊根町舟屋周辺
  • 京都丹後鉄道「宮津」駅または「天橋立」駅から丹海バスに乗車(「宮津」駅から約70分、「天橋立」駅から約1時間)。「伊根」停から徒歩約2分
  • 伊根町観光案内所=TEL:0772(32)0277、午前9時~午後5時
  • 海上タクシー/大人1000円、小学生以下無料(受け付けは大人2人以上)
京丹波町
約25メートル下へ! 垂直の階段を下りて冒険気分

質志(しづし)鐘乳洞

難関のハシゴのような階段。後ろ向きになって、そろりそろりと下ります。上から見ると(写真右)、この急こう配!

動きやすい服装と靴で入場を

公園の敷地内にはすべり台やシーソーなどの遊具もあるので、子どもも喜びそう

中に入るとひんやり。「質志鐘乳洞」は、夏場でも気温は平均12℃というのだからこの肌寒さは納得ですが、理由はそれだけではないかも。

こちらは全長52.2メートルの縦穴式鍾乳洞で、入り口から最も深い部分までの高低差は約25メートル。照明がついていますが、薄暗いなか幅の狭いスチール製の階段で下りていくので、滑りそうで常にヒヤヒヤするんです。

難関は、ハシゴのような垂直な階段。「怖い、無理!」と、この時点で奥に進むのを断念する人もいるのだとか。その一方、このスリルが地底探検のようと盛り上がる人も多いそうですよ。

鍾乳洞周辺の公園では、バーベキューやニジマス釣りも可能です(いずれも有料)。

質志鐘乳洞公園
  • ‌船井郡京丹波町質志大崩12-1。JR「園部」駅からJRバス園福線で約30分。「桧山」停で町営バスに乗り換え約15分、「鐘乳洞口」停から徒歩約5分(町営バスは日・祝日は運休) ※無料駐車場あり。TEL:0771(86)1725
    開園時間=午前9時〜午後5時(入園受け付けは午後4時30分まで) ※1〜2月は休園、3月・12月は土日のみ開園。その他、悪天候の場合は臨時休園あり。
    入園料=大人520円、3歳~中学生300円

おでかけ バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ