ホーム > > コレ読んで!

コレ読んで!

未必のマクベス

早瀬耕 ハヤカワ文庫JA・1080円

言葉としては現れないのに、確かに伝わる恋愛感情

IT企業・Jプロトコルの社員として、東南アジアを中心にICカードの販売に携わる中井。

バンコクで同僚と商談を成功させた帰り、澳門(マカオ)の娼婦(しょうふ)から「王として旅を続けなくてはならない」と予言めいた言葉をかけられる。その言葉の真相を追うように、中井は何かをつかもうと動き出す。

「澳門」「雲呑麺(わんたんめん)」「科白(せりふ)」「昨夕」。物語のなかには、これらの言葉が頻繁に登場するのが目に留まる。

初恋の物語でもあるのに恋愛感情は具体的な言葉として現れない、ある意味歯がゆさも感じつつ、中毒性をも感じさせる作品。一気に引きこまれます。

【紹介者】
大垣書店四条店 小林素紀さん

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ