ホーム > > 試写室・劇場から

試写室・劇場から

泣き虫しょったんの奇跡

TOHOシネマズ二条で公開中

©2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会
©瀬川晶司/講談社

将棋界にサプライズを与えた瀬川晶司の苦悩と快挙を描く

たびたびニュースで報じられる藤井七段の活躍が、将棋への関心度を大いに高めていると聞く。だが、今から10年以上前に、将棋界のルールを変えるほどの偉業を成し遂げた男がいた。その名を知る人はそう多くはないだろうが、あきらめずに夢をかなえた瀬川晶司の半生に迫る感動作だ。

少年のころより、父親の後押しもあって新進棋士奨励会で腕を上げてきた“しょったん”こと晶司だが、プロへの道は厳しい。26歳の誕生日までに四段になれなければ、退会を余儀なくされるのだ。プレッシャーを抱えつつ、対局を続けるしょったんだったが…。

成功を手にする人は、やはり成功への執着の強さと努力の量が圧倒的に違うのだなと思う。天才的とみなされ、どこかで自分の能力を過信していた主人公が、とことん本気になってから変わる。ひょうひょうとした雰囲気の松田龍平が、応援したくなる顔つきになってゆく。共演は、野田洋次郎ほか味のある顔ぶれ。自身も将棋に親しんだ豊田利晃監督こだわりの対局シーンにも注目!

(ライター 宮田彩未 

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ