ホーム > > 試写室・劇場から

試写室・劇場から

アガサ・クリスティー ねじれた家

4月19日(金)からMOVIX京都で公開

©2017 Crooked House Productions Ltd.

二転三転の犯人追求劇が面白い遺産相続をめぐるミステリー

“ミステリーの女王”と呼ばれたアガサ・クリスティーが、自作品の最高傑作だと誇るのがこれ。「サラの鍵」で脚光を浴びたジル・パケ=ブレネール監督が、豪華な俳優陣を迎え、その初映画化を実現した。

英国の著名な富豪が突然亡くなり、その孫娘であるソフィアが、元恋人で今は私立探偵となったチャールズのもとを訪れる。ソフィアは、一族の誰かが祖父を殺したのではないかと疑い、警察が動く前に、彼に調査をしてほしいと頼む。遺体から毒薬が検出され、お城のような豪邸で遺族それぞれに聞き込みを行うチャールズだったが…。

亡くなった富豪の前妻の姉をはじめ、どうやら愛人がいるらしい若き後妻、お金に困っている二人の息子、探偵ごっこ好きな幼い孫娘など、ひと癖もふた癖もある人物がチャールズを迎える。遺言書が二通り出てきたかと思えば、第二の殺人も起こる。ディナーの場面の丁々発止は見応え十分で面白いが、結末には切なさが漂う。グレン・クローズ、マックス・アイアンズほか出演。

(ライター 宮田彩未 

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ