ホーム > > かけいぼ診断

かけいぼ診断 ファイナンシャルプランナーが家計簿をチェック、家計の色んな悩みにお答えします

質問

教育費を準備していきたいのですが、貯蓄はどれくらい必要? 車の維持費など夫の協力があまり得られないのも悩みです。

夫30歳(会社員) 妻31歳(会社員) 子0歳・3歳

子どもたちを保育園に預け、正社員として頑張るご夫婦。妻の気がかりは、教育費の準備です。

まず、必要な金額を確認しましょう。学校外教育費を含め大学まで全て公立で850万円、私立なら2300万円といわれています。進路によって金額は大きく異なりますが、子どもが小さいうちに決めるのは難しいもの。今はおよそで構わないので、予想額を積み立て目標としてください。

大切なのは、「いつまでに」「いくらぐらいを」「どうするのか」と能動的に考えること。何となく考えているだけでは、貯蓄は増えません。自分たちの家計を決めるのは、自分たちです。

ご相談者の家計を見ると、〝無駄〟が多いように感じます。目的がなく、いつの間にかなくなっているお金のことです。家族の絆が深まる支出や将来にプラスとなって返ってくる支出など、価値のあるものは無駄ではありません。何となく使ってしまっている無駄をなくすには、その他の支出や貯蓄に回っていない月の収支差、使途の不明なボーナスからの支出を明確にすること。この作業を経て、支出の優先順位を決めることができます。

妻と夫で、家計に対する危機感に差があるようですね。夫との話し合いが、すぐ答えに結びつかなくても大丈夫です。「優先する支出は?」「どんなペースで貯蓄する?」「実現するためには、どんな対策が考えられる?」といった具合に、具体的な方法を模索してみてください。将来の計画作りであれば、徐々にでも、夫にも協力してもらえるのではないでしょうか。アドバイスとしては、月10万円、ボーナスから50万円、合計で年170万円の積み立てを。

受け身にならず、自分たちで考えることから始めましょう。

【回答者】
ファイナンシャルプランナー
山副 耕一

家計簿診断相談募集

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ