ホーム > > かけいぼ診断

かけいぼ診断 ファイナンシャルプランナーが家計簿をチェック、家計の色んな悩みにお答えします

質問

マイホーム購入時の頭金で、かなりの出費。第2子も希望していて、教育費や老後資金など、先のことを考えると不安です。

夫32歳(会社員) 妻30歳(パート・看護師) 子2歳

共働きでゆとりがある家計簿。昨年、住宅を購入して大きく貯蓄を取り崩されたそうですが、それでもかなりの貯(たくわ)えがあります。何かあっても対応できる、基礎体力が備わった家計といえます。

支出は無駄なくコントロールできているように見えますが、「食費や雑費は不明。6万円ぐらい?」というのは気になります。まずは、この金額をしっかり把握してください。支出の集計が手軽にできる方法として、スマートフォンの「家計簿アプリ」の活用もお勧め。ご相談者の場合、毎月の食費がご夫婦の手取り収入の15%以内なら合格点です。

奥さまのお小遣いも食費に含めていますが、月単位で金額を決めた方が無駄遣いを減らすことができますよ。ご主人とのバランスも取りつつ、お小遣いを予算化されてはいかがでしょうか。

また、奥さまの保険料が高額になっていて、終身保険だけで3万円近くに上っています。今は余裕があるため現状維持でもOKですが、ご夫婦の収入が安定しているので大きな死亡保障は不要。貯蓄目的もあるとは思いますが、将来家計の状況が変わって余裕がなくなったら、保険料の払い込みをストップして保障を残す「払い済み」などの方法で見直しも可能です。

月々の余剰分とボーナスのほぼ全額を貯蓄に回し、年間150万円の貯蓄を目標にされているとのこと。このペースで大丈夫なのか気になっておられますね。大きな取り崩しがなければ、お子さまの大学進学時にはまとまったお金の準備ができ、十分な水準といえます。無理はしなくてよいですが、お子さまが小さい今がご家族にとって最大の「貯(た)め時」。目標を意識しながら、頑張っていきましょう。

【回答者】
ファイナンシャルプランナー
八束 和音

家計簿診断相談募集

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ