ホーム > > 試写室・劇場から

試写室・劇場から

アイネクライネナハトムジーク

9月20日(金)からTOHOシネマズ二条、MOVIX京都で公開

©2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

出会ったことの奇跡について思いをめぐらせる愛の物語

仙台の駅前で、街頭アンケートをすることになった会社員・佐藤は、ストリートミュージシャンの歌声に立ち止まった。気がつくと、横には同じように歌に耳を傾ける若い女性が。アンケートをお願いすると、彼女は気持ちよく応じてくれた。これが紗季との出会い。それから10年、ついに結婚のプロポーズをする佐藤だったが…。

おまじないのような題名は、ドイツ語で「小さな夜の音楽」という意味。人気作家・伊坂幸太郎と、シンガーソングライター・斉藤和義のコラボレーションから生まれた映画だ。“恋をしたい男”佐藤を中心に、3組のカップルの恋愛模様が、男と女の感じ方の違いや、時とともに移りゆく関係性をからめて、きめ細やかに描かれている。恋や愛について悩んだことがあるなら、きっと胸の奥が甘酸っぱくなる。

三浦春馬、多部未華子が主演。佐藤の友人役を演じた矢本悠馬は、ユニークなキャラを印象づける。監督は「愛がなんだ」の今泉力哉。斉藤和義が歌う主題歌「小さな夜」が長く耳に残った。

(ライター 宮田彩未 

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ