ホーム > > かけいぼ診断

かけいぼ診断 ファイナンシャルプランナーが家計簿をチェック、家計の色んな悩みにお答えします

質問

自営業の売り上げが、ここ数年間で減少。月収も不安定です。今後増えていく教育費など、家計のやりくりはどうすればいい?

夫53歳(自営業) 妻49歳(自営業手伝い・パート) 子8歳・14歳

世帯年収は手取りで約330万円。月収は不安定ですが、家計を切り詰め、年間では辛うじてやりくりができています。しかし、上のお子さまが中学3年生になる来年は、受験のための塾代で月2万円増。収支はマイナスへ転落。お子さまは、大学進学と留学も希望。教育費を捻出する対策について、生涯設計を通して考えてみましょう。

貯蓄900万円に加えて、ご実家準備分含む、学資用780万円とご夫婦の老後用保険約2000万円。仮に、今後の年収は、ご主人は65歳まで270万円、その後75歳まで200万円、奥さまのパートが月2万円くらい増やせそうとのことなので来年から65歳までは84万円、その後75歳まで60万円と想定。これをもとに考えると、公立高校、私立理系大学の費用で精いっぱいです。

また、老後の主な収入は国民年金となります。健康には自信があり長く働く予定のようですが、ご夫婦が90歳になるまでの費用を試算すると、75歳の時点で2500万円の蓄えが必要です。

今のままでは留学費の工面は難しそう。貯蓄に占める割合をみると、外貨建て商品80%、投資信託10%。現金の資産は90万円のみで、運用のリスクを取り過ぎている状況です。あとは、収入を増やすしかありません。

自営業は売り上げが微減傾向。5年後10年後を見据え、収入増が難しいようであれば、経営者のスキルを生かして企業に就職するのも選択肢の1つです。家族を扶養に入れることで、社会保険料が抑えられ、厚生年金への加入により老後の年金増にも繋がります。手取り年収210万円で、今と同程度かつ老後の年金も増額。月々の収入も安定しそう。この金額を目安に、働き方を検討してもいいかもしれません。

【回答者】
ファイナンシャルプランナー
薮内 美樹

家計簿診断相談募集

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ