ホーム > > かけいぼ診断

かけいぼ診断 ファイナンシャルプランナーが家計簿をチェック、家計の色んな悩みにお答えします

質問

できれば2人目も希望。子どもが私立高校・大学を志望した場合にやっていけるでしょうか?家計の改善点にアドバイスを。

夫40歳(会社員) 妻40歳(主婦) 子3歳

収入の範囲で、上手にやりくりができています。「ハプニング費」という項目を設け、予期せぬ出費に備えている点もよいですね。この調子で頑張っていきましょう。

支出の中では、ご相談者もお考えのとおり食費が少々高め。ご主人の昼食代なども含まれているようですが、食費の理想的なバランスは手取り収入の15~20%です。まずは。1割のカットを目指してください。

奥さまは保険に未加入ですが、病気になっても貯蓄を取り崩さなくてよいよう、備えがあれば心丈夫です。入院と死亡の保障がセットになった「府民共済」は、月額2000円で手軽に保障を得ることができ、剰余金の還付も。不安があるなら、検討してみては。

家族の貯蓄以外に、ご主人と奥さまそれぞれがためているお金があり、金額はお互いに公開していないとのこと。これからのライフプランを考える上では、このお金がいくらあるのかもポイント。「お互いがしっかり自分の資産を持つ」というのはよいことですが、総額でいくらあるのかは把握しておきましょう。

住宅を購入する予定はなく、現在の収入で年間120万円を貯蓄することができています。

ゆくゆくは奥さまも働くことを考えておられるので、お子さまが私立高校、私立大学に進学しても大きな問題はありません。ただし、ご夫婦の退職年齢とお子さまの教育費が終わるタイミングが重なるので、老後資金も並行して準備していきましょう。また、現在の貯蓄において、為替リスクがある外貨預金が3分の1を占めているので、これ以上比率が高くならないよう注意を。

ご夫婦でしっかりと話し合いながら、お二人の夢を共有し、かなえていってくださいね。

【回答者】
ファイナンシャルプランナー
八束 和音

家計簿診断相談募集

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ