ホーム > > 特集:おでかけ > 地下鉄「丸太町」駅周辺で見つけたこだわりの4軒

地下鉄「丸太町」駅周辺で見つけたこだわりの4軒

一つの駅を中心に、街歩きスポットを紹介する「ぐるり駅前」シリーズ。今回は地下鉄「丸太町」駅周辺です。閑静な住宅街が広がるエリアですが、個性が光るこだわりのショップも。今の時期、京都御苑の梅を見がてら、素敵なモノや食を見つけに出かけて。

日々を彩る〝ちょっと良い〟ものとの出合い

上から京焼・清水焼「洛色PLATE」(高桐院の青紅葉・2000円)、「洛色MUG」(はななり紅枝垂・3900円)、中央の天然石アクセサリー「shiica」(3500円~)、右下播州織ストール「orit.」(1万1000円〜)、すべて税抜き

1階は季節野菜のオープンサンドが人気のカフェ。階段を上った2階にはさまざまなアクセサリーや器などの生活雑貨がずらり。「ちょうど良く、ちょっと良く」をテーマに日本各地から集められた品々は、天然石のアクセサリー、モダンなデザインの有田焼、カラーリングが美しい播州織のストールなど、いずれも作り手の技とセンスが光ります。京の情景を色で表現したオリジナルブランドの京焼・清水焼のマグカップやバッグにも注目を。

タイム堂 shop
上京区烏丸通丸太町上ル春日町426番地2
TEL:075(746)4358
午前10時~午後5時(土日祝は午後6時)
火休

旬の野菜や魚をぜいたくに揚げたてで

お昼の定食(2000円)は、キノコ、野菜3種、魚3種、エビ5尾。海塩、カレー塩、大根おろしと天つゆで味わって。ご飯とみそ汁、香の物がセット。夜のコースは4500円~

昨年7月にオープンした天ぷら専門店。「本当においしい天ぷらを、気軽に食べてもらいたいんです」というのは、天ぷらの名店で修業を積み独立した店主。季節の野菜や魚、エビを1点ずつ揚げてくれて、カウンターで熱々を味わえます。おいしさの秘密は衣(ころも)の徹底した管理。粘りの原因となるグルテンがなるべく出ないよう細心の注意を払っているそう。綿の種子からとれた「綿実油」を用いるのも、サクッとした仕上がりのポイントに。

てんぷら永春
中京区亀屋町167-1 ディピュイ亀屋ビル1階
TEL:080(3767)7500
午前11時30分~午後1時30分、午後5時30分~10時
水休

今ならイチゴがおすすめ ロールケーキ専門店

厳選の国産素材で作られた「いちごロール」は1カット400円、1本1800円。ボリューミーでも甘すぎず飽きないおいしさ。手土産にも人気だとか

「小麦粉、卵、砂糖、生クリーム。うちのロールケーキは基本この四つだけで作っています」と店長。スポンジの濃い黄色は京都府大江町産の卵から。鳥取県大山産の牛乳から作られた生クリームは、素材本来の味がします。プレーンのほかフルーツ、お抹茶、キャラメルなどがあり、1カットから購入OK。この時期のおすすめは「いちごロール」。ふわふわしっとりのスポンジと生クリーム、いちごの甘酸っぱさのコンビネーションはクセになりそう。

はなさき菓子店
中京区和久屋町112
TEL:075(223)3552
午前9時~午後7時
不定休

設えも見どころの隠れ家ギャラリー

「川床」からヒントを得たという1階中庭の展示スペース。

〝手描友禅染〟の工房が営むユニークなギャラリー。1階の中庭には、いろりを囲んで作品を展示。3階にも趣の異なる二つの展示室が。いずれもどこか懐かしく遊び心あふれる空間で、時が過ぎるのを忘れそう。店主自ら全国に足を運んでセレクトした陶芸、ガラス、木工などの工芸品も、昔からそこにあるようになじんで見えます。2月1日(土) ~9日(日)には企画展「春節の祝(いわい)」を開催。有田焼と鉄器の茶道具やインテリアなどがコラボ展示でお目見えします。

ギャラリーYDS
中京区新町通二条上る二条新町717
TEL:075(211)1664
午前11時~午後6時
日祝、第2土曜休 ※企画展中は無休

企画展「春節の祝」で展示販売される豊増一雄の有田焼急須(3万3000円)、茶杯(4950円)、中国「浅喜」の鉄の茶托(5280円)、鉄台(2万4200円)

おでかけ バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ