ホーム > > かけいぼ診断

かけいぼ診断 ファイナンシャルプランナーが家計簿をチェック、家計の色んな悩みにお答えします

質問

1人暮らしの独身女性。旅行が趣味で年間30万円くらいは使っています。このままのペースで、老後は大丈夫でしょうか?

本人53歳(パート)

日々の生活費を抑え、趣味の旅行には可能な範囲でお金を使うという、とてもメリハリがきいた家計簿です。住宅の家賃がかからない状況とはいえ、食費や水道・光熱費などはこれ以上スリム化できないぐらいの水準。お昼を抜くことも多く、1日2食もあるご様子。無理がなければよいのですが、年齢とともに体調も変化します。健康が維持されてこそ今の生活が送れることを意識して、バランスの取れた食事は心がけてください。

社員歴はありますが、時間的な余裕を確保するため、働く時間を制限。2カ月に1回は友人と一緒に国内外を訪ねる旅行を「生きがい」にされているようですね。友人と過ごす充実した時間は、ご相談者の人生にとって欠くことができないとても大切なもの。これからも、できる限り続けていただきたいと思います。

現在、月々の黒字分のほぼ全額と、さらに貯蓄から年間8万円ほど取り崩し、旅行の費用に充てているとのこと。65歳まで今のペースで働くことができ、65歳以降の公的年金の手取りが今の収入と同程度と見込んでみましょう。改修に300万円使い、毎年8万円を取り崩すと仮定すると、80歳時点での貯蓄は約830万円。病気や介護、エンディングなどのお金を見積もっても、ある程度の対応はできそうです。

その一方で、リタイア後はさらに時間の余裕ができ、旅行などのために貯蓄の取り崩しが増える可能性も。また、公的年金の給付水準の引き下げも考慮する必要があります。今より仕事の時間を30%程度増やすことができるとのことなので、ぜひ検討してください。貯蓄と公的年金の受取額を増やすことになるので一石二鳥。より充実した老後生活を落ち着いて送ることができますよ。

【回答者】
ファイナンシャルプランナー
八束 和音

家計簿診断相談募集

バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ