ホーム > > 特集:おでかけ > 春から初夏に咲く花図鑑

春から初夏に咲く花図鑑

6月上旬まで咲く、黄や青、ピンクといった色彩豊かな花々。この季節ならではの光景が広がります。 ※気候により開花時期が異なります。また、開園などの状況は変更になる場合あり(記事の情報は4月9日現在のもの)

5月初旬~中旬

約3000株のツツジがお出迎え

妙満寺

山門周辺に咲く、色とりどりのツツジ

「妙満寺」の敷地内には約3000株のツツジが植えられています。注目は、山門周辺にある「つつじ園」。参道の両脇に並んで咲く姿は、訪れる人を出迎えてくれる花道のよう。池を囲む色とりどりの花も華やかです。

  • ■京都市左京区岩倉幡枝町91
  • ■TEL:075(791)7171
  • ■本坊/午前9時~午後4時、境内/午前6時〜午後5時
  • ■大人500円、小・中学生350円。境内(「つつじ園」含む)は無料
5月上旬〜中旬

沢に群生するカキツバタは国の天然記念物

大田神社

この光景を見て、歌人・藤原俊成も歌を詠んだのだとか

国の天然記念物に指定されている、「大田神社」のカキツバタ。境内の「大田ノ沢」に群生し、平安時代から咲き続けているといわれています。例年、5月上旬ごろに開花。中旬ごろには約2万5000株の紫の花が沢一面に。

花言葉は「幸運は必ず来る」。幸せを呼ぶ花とされているそうですよ。

  • ■京都市北区上賀茂本山340
  • ■TEL:075(781)0907
  • ■午前9時30分~午後4時30分
  • ■300円(カキツバタ育成協力金) ※開花時期のみ
5月中旬〜6月上旬

カラフルに花開くルピナス

宇治市植物公園

青空に映えるカラフルなルピナス

  • 優しい香りのラベンダー

  • バラの種類も豊富

長く伸びる花穂が特徴的な「宇治市植物公園」のルピナスは、その姿から「ノボリフジ」「サカサフジ」とも呼ばれています。今年は約400株が開花予定。白やピンク、紫などのカラフルな花が人々の目を楽しませてくれそう。園内には同時期に咲くバラやラベンダーも。

  • ■宇治市広野町八軒屋谷25-1
  • ■TEL:0774(39)9387
  • ■午前9時〜午後5時(入園は4時まで)、月休 ※月曜が祝日の場合は翌日休(5/11まで休館)
  • ■大人600円、小・中学生300円

おでかけ バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ