ホーム > カルチャー倶楽部 > 金継ぎ~壊れた器を修繕しませんか~

new
四条烏丸

金継ぎ~壊れた器を修繕しませんか~

イメージ

「金継ぎ」とは、割れた箇所を継いで欠けた部分を成形し、金などの化粧を施して器を修繕する技法のこと。まずは、練習用の陶磁器で基本を勉強し、最終自宅にある直したい器(陶磁器)を修繕することができます。

  • 講座詳細
  • フォトギャラリー
  • お申し込み
講師木村由紀子(漆芸伝承の会認定講師)
日時各(土)午前10時~午後0時30分。1/11、2/1、3/7、4/4、5/2、6/6(全6回)
受講料17340円
別途料金初回教材費8250円 ※漆用筆セット代5940円別途要
持ち物初回は割っても良い平皿(陶器より磁器がよい。サイズは径15cm程度)、カッターナイフ、ハサミ、セロテープ、楊枝、古タオル、割り箸、道具一式(レンタル可・1回550円)※2回目以降の持ち物は初回に説明有
申込締切日12/26(木)
会場四条烏丸会場
京都市中京区蛸薬師通高倉西入ル 京都リビング新聞社ビル2階(受付)
会場の地図はこちら »

開講中でも受付可能な講座もあります。
お気軽にお電話下さい。

■お問合わせ・お申込みはお気軽にお電話ください

担当スタッフが講座についてご案内いたします

TEL:075-212-4728

受付/平日:午前10時〜午後6時
※土・日・祝除く

※「ホームページを見て『講座名』・『開講日時』について…」とお伝えください

Webからのお申込みは、上記の『Web申込み』のフォームより必要事項を入力の上、送信してください。

このページのトップへ