ホーム > リビング新聞「支えたいプロジェクト」

リビング新聞「支えたいプロジェクト」/東日本大震災「できること」を続けよう

商品を買って 東北・宮城を応援!

被災地の復興はこれから本格的に動き出します。小さな募金でも続けることが大事だと考えリビング新聞では「支えたいプロジェクト」を展開。これからも義援金を呼びかけていきます。募金箱は、全国のリビング新聞ネットワーク56エリアで実施しています。街で見かけたときは、ご協力をお願いします。

そして、私たちが今できることは「節電」と「普通の買い物」・「普通のおでかけ」だとリビング新聞は考えます。買い占め・買い控えたりしない、何かを極端に自粛しない節度ある行動が、被災地や私たちの暮らしを支えることに。この気持ちをずっと忘れず支えあうことを、みなさんと続けたいと思います。

被災したリビング仙台・リビング福島の 各編集長に聞きました

from 宮城

通常の経済活動が復興への一歩に。10のうち1つは東北産を選んで
リビング仙台 藤崎由紀子編集長

震災後、私たちを支えたものは「人と人とのつながり」です。同じ痛みを持つ中、眠っていた助け合いのDNAが刺激され、人の優しさが優しさを生み、温かなつながりが育まれています。
みなさんに望むことは、通常どおりの経済活動です。できれば10のうち1つは、東北のモノを選んでください。仙台、東北の経済を活性化することが私たちの復興への一歩になります。そして楽しむことやイベントは自粛せず、どんどん行動してください。自粛すればそれだけ日本が小さくなります。楽しみは笑顔を呼びます。笑顔はパワーです。笑顔は連鎖します。

from 福島

「福島県」は今までと変わりません。復興後はぜひ観光に来てください
リビング福島 村上英俊編集長

東北地方太平洋沖地震以後、多くの皆さんからお見舞いや励ましを頂きまして誠にありがとうございます。
福島県は太平洋側の地区は甚大な被害を受けましたが、福島市や郡山市などはライフラインもほぼ復旧し、生活は元に戻りつつあります。福島県は今、全力で復興に取り組んでいますので、皆さんには「福島県」を特別扱いせずにこれまでと同様に受け入れ、支援していただきたいと思います。
福島県には観光名所やおいしいものがたくさんあります。無事に復興した暁には、ぜひ福島県を訪れて目いっぱい満喫してください。

今、生活者としての実力が試されるとき
かしこい選択ができる消費者に

震災後、問題になった買い占めについて、主に関東エリアのリビング読者に聞いたところ、「余分には購入していない」(埼玉・41)、「あるもので間にあわせた」(神奈川・56)と冷静な行動を取った人が多かったようです。心がけていることの2位も「買い占めをしない」。ではなぜ、物が消えたのでしょうか?

読者コメントをみると、いつもと同じ量を買おうとしたが入荷量が少なく、商品を探し始めたのがきっかけに。品切れ報道も不安を増長した一因となりました。この時期、求められたのは「普通の生活の維持」ではなく、「普通の生活を少しだけ変える」だったのかもしれません。

風評に惑わされずモノを選ぶ、節電しながら生活を楽しむ、社会全体のことを考えて買い物する。実際は難しいけれど、私たち生活者の実力が、今、試されているのではないでしょうか。

*** 私たちが心がけていること ***

1位
節電
2位
買い占めしない
3位
募金・チャリティー活動
4位
わが家の防災対策の見直し
5位
情報収集

2011年3月18日~27日、「えるこみ」で実施の「震災~その後の行動アンケート」から。有効回答数834人

京都リビング新聞社では、各種主催イベントの収益の一部を義援金として寄付、またカルチャー教室やイベント開催時に参加者からの義援金も募ります。いずれも、寄付金は日本赤十字社に送り、被災した方々の生活支援に使われます。

義援金募金箱

< 郵便振替による義援金の受付は >

郵便振替〔郵便局〕
 
口座記号番号
00140-8-507
口座加入者名
日本赤十字社 東北関東大震災義援金
取扱期間
平成23年9月30日(金)まで
  • 郵便局窓口での取り扱いの場合、振替手数料は免除されます
  • 郵便窓口でお受け取りいただきました半券(受領証)は、免税証明としてご利用いただけますので、大切に保管してください
  • 通信欄にお名前、ご住所、お電話番号を記載してください

詳しくは日本赤十字社ホームページへ。 http://www.jrc.or.jp/index.html

このページのトップへ