ホーム > > 特集:社会・生活 > “外からの視点”で捉えた久御山の魅力とは?

“外からの視点”で捉えた久御山の魅力とは?

久御山町と東京大学。異色とも思えるこの組み合わせにより、町の新たな魅力を掘り起こすための取り組みが、今春行われました。その成果を9月の発表会で聞くことができますよ。
写真提供/東京大学工学系研究科 建築学専攻 川添研究室

町歩きなどにより久御山町の文化や歴史を学ぶグループ「久御山アカデミー」。今年、同町が一般公募でメンバーを募り、誕生しました。 久御山町産業課商工係の安岡あずささんは、「いずれはグループ内からボランティアガイドが誕生してほしいとの期待もあります。まずは年度内にパンフレットを作成するという目標を実現できたら」と話します。

そして、この活動の一環として、アカデミーのメンバーと学生が共同で学ぶ取り組みが実施されました。 この企画を提案したのは、東京大学准教授で建築家の川添善行さん。久御山町とは、山城地域が取り組む「お茶の京都」関連事業で、「黄金の茶室」の制作に携わっているというつながりがあります。 学生にとってはよい研究の場となるほか、「より活動に広がりを持たせることができないか思案していた」という安岡さんにとっても、願ってもない話だったといいます。

石の積み方などにも注目

「むくり屋根」

「家」をテーマに町歩きをした学生は、東一口(いもあらい)に残っている写真のような2階の屋根の傾斜部分に少し膨らみのある「むくり屋根」に注目。遠くから見ると普通の屋根なのに、近くで見ると曲面になっていて、近づくにつれて少しずつ景色が変化することに面白さを感じたそう

「切り込みつぎ」

御牧地域での石の使われ方にルールがあることを発見した学生も。このエリアでは、通りの東側の家の石垣は「切り込みつぎ」(写真の左側の家)、西側の家は「野面積み」(同右側)という方法で積み上げられていることが多いのだとか。そこで注目したのが、近くにある玉田神社の東西二つの石碑の土台。こちらの石が通りと同様の積み方がされていたといいます。これにより、今回の調査では「深く関わりを持つ周辺地域の信仰的な側面の表れ」との仮説を立てたのだそう

共同研究は、東京大学の学生による久御山町でのフィールドワークからスタート。
6人の学生が3チームに分かれて、「業」「家」「水」というテーマに沿って町歩きをしました。そして、持ち帰った結果をまとめてプレゼンテーションを実施。久御山アカデミーのメンバーと意見交換をしたのだそう。

発表内容について、「〝外〟から見た久御山町という視点が新鮮でした。建築を学んでいる学生ならではの切り口もユニークで」と安岡さん。
「例えば玉田神社。通常は歴史などを調べることが多いかと思いますが、今回は石の積み方に着目しています。文化財の担当課である久御山町の教育委員会に確認しても『これまでなかった見方。面白い』といわれたほどでした」

アカデミーのメンバーも、ユニークな発表に聞き入っていたそう。
「久御山を知らなかった若い人が町に興味を持ってくれることで、メンバーのモチベーションアップにもつながったように感じます」
この3月のプレゼンテーションと意見交換の内容を発表する会が、9月に開かれることになりました(詳細は表参照)。誰でも参加OKです。

「今回の発表を聞いて、ふだん見慣れた町並みでも、思わぬところに面白いテーマが隠れていることを、地域の人にも感じてもらえるのでは。より地元に愛着を持ってもらえるとうれしいです」
足を運べば、久御山の魅力を再発見できそうですね。 問い合わせは、久御山町産業課商工係=TEL:075(631)9964=へ。

プレゼンテーション終了後、巨椋池の姿の変遷について掲示された資料を前に意見交換が盛り上がりました/3月のプレゼンテーションの様子

第6回 久御山アカデミー
  ~東京大学フィールドサーベイ発表会~

発表内容:以下の三つのテーマで発表されます
  1. ①「業」…久御山の漁業、農業、工業が重なり合いながら変遷してきたことに関わる風景
  2. ②「水」…久御山の特徴・骨格となる巨椋池や川などに注目
  3. ③「家」…建築物にみられる漁業の名残などを調査
日時:9月5日(火)午後2時〜4時ごろ
※冒頭に川添さんの話があり、続いて学生3人による発表。その後、質問タイムや意見交換会を予定
会場:まちの駅クロスピアくみやま 2階交流室(久世郡久御山町森南大内303)
定員:30人 ※先着順
申し込み方法:電話かファクス、メールで申し込み。①氏名②同伴希望者のいる場合、全員分の氏名③電話番号(日中、連絡のつきやすい番号)を伝えて。ファクス、メールの場合は折り返し連絡あり(土日祝を除いて2日以内に連絡がない場合は、再度問い合わせを)
申込先:「久御山町産業課商工係」=TEL:075(631)9964、FAX:075(631)6149、Mail:sangyo@town.kumiyama.lg.jp

社会・生活 バックナンバー

更に過去の記事はこちら »

このページのトップへ