ホーム > > 特集:おでかけ > 音楽も楽しめるカフェ

音楽も楽しめるカフェ

音楽も楽しめるカフェ

おいしいコーヒーとゆったり寛げる空間。プラス、音楽にもこだわったカフェ3軒を紹介。
冬に聴きたい、心が温まるおすすめCDも教えてもらいました。



2つの顔を持つ、ビルの中の癒やし空間

cafe & music timepiece cafe(タイムピースカフェ)
店内と料理

照明を落としたシックな3階に、北欧家具でまとめられた開放感いっぱいの4階と、フロアで異なる雰囲気が楽しめる店内。レコード店「ジェットセット」で働いていた音楽通のオーナー、堅田夫妻によるセレクトで流れる音楽は、スローテンポのジャズやソウル。ゆるりと過ごしたくなる空気が漂います。

「EXTENSION OF A MAN」
ダニー・ハサウェイ(WPCR-75449 ワーナーミュージック・ジャパン)
 
「alice clark」
アリス・クラーク(Pヴァイン・レコード)

ソウルの名盤といわれる一枚。「冬をイメージする優しい曲やジャズっぽいインストゥルメンタルもあり、昔から好きなアルバムです」

 

「女性ボーカルで、声も演奏も温かさが感じられるところが冬にぴったり。普段ソウルを聴かない人にも親しみやすい曲ばかりです」

SHOP DATA

住所/京都市下京区御旅町19 池善ビル3・4階(阪急「河原町」駅8番出口すぐ上)
TEL/075(221)6226
営業時間/日~木:午前11時30分~午後11時(LO10時30分)
     金土:午前11時30分~午前0時(LO午後11時) 無休
HP/http://www.timepiececafe.jp/

コーヒーの香りとゆる~い空気に包まれる

喫茶fe カフェっさ(きっさふぇ カフェっさ)
店内と料理

店名は、コーヒーが楽しめる店として、喫茶店でありカフェでもありたいという思いから。コーヒーは、豆一粒一粒のハーモニーによって成り立つという意味で「飲む音楽」と名づけられています。流れるジャズとともに「人の話し声、食器の重なる音など、人の出す音こそ究極のBGM」と店主の奥野薫平さん。

「オレンジ色のスカート」
安藤明子(BANBIPHONRECORD)
 
「饗宴」
水瓶(自主制作盤)

京都在住のシンガーソングライター。「アコースティックギターで演奏される緩やかなメロディーと、ストレートな歌詞に注目して」

 

「シンプル過ぎるくらいの音と言葉の集まりが、場の空気を包み込んでくれるよう」。独自のメロディーラインに引き込まれます。

SHOP DATA

住所/京都市東山区唐戸鼻町562-1
   (地下鉄東西線「東山」駅から徒歩5分)
TEL/075(541)3917
営業時間/午前8時~午後8時30分 木休

木々が生い茂るエントランスから、リゾート的カフェへ

ambient cafe MOLE(アンビエントカフェモール)
店内と料理

うっそうと木々が生い茂る入り口を抜け、店内へ─。BGMは「自然と空間を柔らかく包む環境音楽(アンビエント)を意識しています」と店主の右近雅人さん。そこに流れる異国のサウンドに浸っていると、リゾート地で過ごしているような不思議な感覚に。

「Baker's HOLIDAY」
チェット・ベイカー(UCCU-5267 ユニバーサル ミュージック)
 
「LOVE THING」
コーヒー・アンド・シガレッツ・バンド(自主制作盤)

トランペッターでもあるチェット・ベイカーの甘く優しい歌声に「寒くなると、暖炉の前で聴きたくなるような一枚」。

 

2人のDJが、愛する楽曲に新たなリズムを加えるなど再構築させたインストゥルメンタル作品。「郷愁感漂うサウンドが印象的です」

SHOP DATA

住所/京都市中京区御幸町通二条下ル
   (地下鉄東西線「京都市役所前」駅から徒歩8分)
TEL/075(256)2038
営業時間/午前11時30分~午後6時 水休
HP/http://cafemole.web.fc2.com/

おでかけ バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ