ホーム > > 特集:おでかけ > あなたも応募してみる?「上京まち歩きツアーコンテスト」

あなたも応募してみる?「上京まち歩きツアーコンテスト」

御所、北野天満宮、西陣織や茶道といった伝統文化。あるいは、京町家を使ったステキなお店…。「上京区」と聞いて、あなたが連想するものは何でしょう?
同区では地元の面白さを発見できる街歩きのコースを募り、9月に優秀作品を決定するコンテストを行います。さて、その内容とは? 撮影/児嶋肇ほか



3月に実施された「京・上京探訪~語り部と歩く1200年~」の様子。4回にわたり行われ、のべ40~50人が参加したそう。秋にも開催される予定です(提供/上京区役所)

7月初旬より、上京区のホームページで紹介されている「上京まち歩きツアーコンテスト」。“地元の魅力を新たに掘り起こそう”といったねらいで、上京区役所が企画しています。

コンテストの内容は、同区内にある3カ所以上の見どころ(寺社、旧跡、建築物、店、木・川など自然に関するものなど、何でもOK)を巡る街歩きのコースと、その紹介文を募り、優秀作品を選ぶというもの。街歩きのコースには、たとえば「パワースポット巡り」「秀吉の足跡をたどる」など、一貫したテーマが必要です。

「上京区には、さまざまな見どころが点在しています。これらの“点”を1つのテーマでつないで巡ってみると、新しい発見があるのではと思います」と、上京区役所総務課の増田遼太さん。確かに、いつも見慣れたはずの街が違って見えてきそうです!

「優秀作の選考や、ツアー化を行う際には、応募されてきたコースを僕たち職員が実際に歩いて試します」と、コンテストのポスターを手にした増田さん(中央)。テーブルに置かれているのは、3月の「まち歩きツアー」の際に作った地図。「イベントに参加していない人にも楽しんでもらいたいので、地図も作って区役所に置きました」と矢島栄進さん(左)

コンテストの入賞作品は、上京区の活性化に役立てられます。
「区が主催する『まち歩きツアー』や、地元マップ作りに役立てるなど、いろいろな方法を検討中です」と、同課の蒲田知明さん。

ちなみに同区では、今年の3月にも「まち歩きツアー」を実施(右の写真参照)。歴史を切り口に、地元の研究者やガイドの案内で上京区内の旧跡や寺社を巡り、上京区内外の人に好評だったそうです。 今回のコンテストでは、さらにもう一歩進んだツアーを作るため、コースのアイデアを一般公募することに。歴史以外のテーマも募ります。

「いろいろな世代の人から、さまざまなアイデアが集まれば、街の魅力を広げるきっかけになると思います。こちらが予想していないコースがたくさん集まればうれしいです」と蒲田さん。

このコンテストには誰でも、応募できます。応募締め切りは9月16日(金)の消印有効。
応募内容の詳細は、上京区のホームページ=http://www.city.kyoto.lg.jp/kamigyo/=で確認を。

応募要項を記したチラシは、上京区役所、京都アスニー、大学コンソーシアム京都、同志社大学今出川キャンパス・学生支援課などにも置かれています。

問い合わせは、上京区役所総務課=TEL:075(441)5029=へ。

おでかけ バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ