ホーム > > 特集:おでかけ > 地元を彩る桜にうっとり

公園でのんびり? 寺社で優雅に?
地元を彩る桜にうっとり

こぼれるように咲き誇る桜は、みんなを幸せな気分にしてくれますね。今回は、新たな花見スポットから定番の名所までを紹介します。

40本の桜がもたらす憩いのひととき 長岡公園

ワライナキ

上)鮮やかなピンク色の花が咲く、アマギヨシノとタイワンヒガンザクラの交配種である陽光。2011年に楊谷寺で植樹されたもの
下)1月30日に行われた植樹では、長岡京市長(右)も参加

今年の春、長岡公園にお花見スポットが登場!NPO法人「京おとくに・街おこしネットワーク」が、長岡京市の協力のもとこちらの公園で40本の桜の植樹を行ったのです。

同園に植えられた桜は、愛媛県で開発された「陽光」という品種。鮮やかな濃いピンク色の花が咲き、病害虫に強く、育てやすいのが特徴だとか。

「これまで長岡公園には、足を止めて憩う人の姿はあまり見られませんでした。ここで桜が育つことで、市民の憩いの場として親しまれていくといいなと思います」と同ネットワーク理事長の中山秀亞さん。

中山さんらは、長岡公園以外にも長岡天満宮や「柳谷観音」の愛称で親しまれる楊谷寺、善峰寺(西京区)、宝積寺(大山崎町)でも陽光を植樹。4月8日(日)には、京おとくに・街おこしネットワーク主催で、楊谷寺や長岡天満宮の陽光桜を見て回るハイキング(行程約9㎞、参加費400円)を実施予定です。当日午前9時、JR「長岡京」駅西口バス停で受け付け。

〈住所〉長岡京市天神2丁目(長岡天満宮の南側、阪急「長岡天神」駅より徒歩約10分)
〈ハイキングに関する問い合わせ〉 京おとくに・街おこしネットワーク 
 TEL:090(5165)8405(木村さん)
 E-mail:nisiyama3zan@yahoo.co.jp
 Web: http://www.geocities.jp/otokuni_matiokosi/

参道で“春”を感じて 向日神社

向日神社の桜。桜に見とれて、参道を進む足取りがゆっくりになりそう

長い石畳の参道に向かって、手をさしのべるような枝ぶりの桜の木々。裏参道には、地元住民らによって手入れが行われている「桜の苑」もあります。4月7日(土)・8日(日)には「桜まつり」が実施され、模擬店や出し物でにぎやかに。

〈住所〉向日市向日町北山65(阪急「西向日」駅から徒歩約10分)
〈問い合わせ〉向日神社=TEL:075(921)0217 
 ※桜まつりについては向日市商工会=TEL:075(921)2732=へ
〈拝観時間〉午前9時~午後5時 
 ※桜まつりは7日(土)午前10時30分~午後8時、8日(日)午前10時30分~午後5時

言葉に残したくなる美しさ 勝持寺

ワライナキ

「花の寺」勝持寺の桜。その堂々たるたたずまいが歴史を感じさせます

西行法師が植えたという言い伝えが残る「西行桜」をはじめ、約100本もの桜が咲く勝持寺の別名は「花の寺」。

桜を詠んだ歌を数多く残した西行の気持ちが、ここへ来れば分かるかもしれませんね。

〈住所〉京都市西京区大原野南春日町1194(阪急「東向日」駅より阪急バス「南春日町」停下車。ここより徒歩約20分)
〈問い合わせ〉 勝持寺=TEL:075(331)0601
〈拝観時間〉午前9時~午後4時30分(受け付け終了)
〈拝観料〉 大人400円、中高生300円、小学生200円

どこまでも続く桜に、走り出したくなる!? 西京極総合運動公園

西京極総合運動公園内の広い敷地には、ソメイヨシノの大木がたくさん。 その桜を追って、思わず走り出したくなってしまうかも! 幼稚園の子どもたちの散歩コースになるなど、和やかな雰囲気を感じるスポットです。

〈住所〉京都市右京区西京極新明町29(阪急「西京極」駅より徒歩すぐ)
〈問い合わせ〉 財団法人 京都市体育協会=TEL:075(313)9131

おでかけ バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ