ホーム > > 特集:おでかけ > 胸はずむ音楽に、あいに行こう

商店街が、街のホールが、音楽イベントを企画
胸はずむ音楽に、あいに行こう

暖かくなるこれからの季節。「お出かけしたい気持ちが高まってきた」という人におすすめの、ユニークな音楽イベントを紹介します。主催者のアツ~イ思いと当日の盛り上がりに、思わず踊り出したくなってしまうかも!?

前回開催時の様子。演奏者と観客の距離が近いのも魅力

前回開催時の様子。「演奏は無料で聞けますが、感動したときは、演奏者への気持ちを込めた、“投げ銭”も歓迎です」と小田さん

昨年9月に第1回が開かれ、今年3月に第2回を迎える「長岡京ミュージック商店街」。その名の通り、阪急「長岡天神」駅とJR「長岡京」駅周辺にある複数の商店街が共同で主催しています。当日は、地図に示したように、街なかのたくさんのお店でプロやアマチュアのミュージシャンによる演奏が行われます。
「音楽のジャンルは、ジャズ、津軽三味線、ブルーグラス、ロック、ラップなど、さまざま。今回、会場となる飲食店のいくつかは、この日のために限定スイーツを作ってくれるなど、自主的にイベントを盛り上げてくれています」と、実行委員長の小田智史さん。
それというのも、長岡京に足を運んでくれる人を増やし、街を活気づけたいという思いから。
「徒歩圏内で開催しているので、いろんな会場を回ってほしいですね。市役所には、飛び入り参加できるカラオケやエアギターなどの『チャレンジステージ』もあります」
観客と演奏者の垣根を越える、楽しいお祭りになりそうですね。

前夜祭は3月23日(土)午後5時~9時ごろ、メインイベントは3月24日(日)午前11時~午後5時ごろ。各店での演奏の開催時間など、詳細はホームページ(http://n-m-s-st.org/)で確認を。

昨年の様子。みなさん、珍しい音色に夢中で聞き入っています

昨年の様子。演奏者と一緒に、観客もダンス!

アフリカ、モンゴル、ペルー、インド…。世界の演奏家たちが、京都市右京ふれあい文化会館に集まり、「右京ワールドミュージックフェスタ2013」を行います。

2011年8月に、初開催されたこの催し。「普段触れる機会のない音楽が聞けてよかった」「見たことのない楽器の演奏が面白かった」と好評だったそうです。

「前回は4日間にわたって開催し、『アメリカ・南米』『ヨーロッパ・ロシア』など、1日ごとにテーマを設けていましたが、今回は、1日でいろいろな地域の演奏が聞ける点がポイントです」と同ホールの辻浩一さん。
手作り体験やダンスが楽しめるワークショップ(一部有料)も多彩。歌や踊り、手作りを通して“国際体験”なんて、すてきですね!

3月31日(日)午前10時~午後4時。京都市右京ふれあい文化会館(JR「花園」駅から徒歩約5分、地下鉄「太秦天神川」駅から徒歩約10分)。
http://www.kyoto-ongeibun.jp/ukyo/

音楽演奏 ※すべて無料

午前10時30分~11時15分
〈アフリカ〉ワラボーク
午前11時30分~午後0時15分
〈モンゴル〉伊藤麻衣子さん、〈カザフスタン〉イナーラ・セリクパエバさん
午後1時30分~2時15分
〈インド〉プラクルティさん&藤澤バヤンさん
午後2時30分~3時15分
〈ペルー〉WYRA(ワイラ)
グランドフィナーレとして、演奏者全員によるセッションを予定

ワークショップ

鳥笛絵付け体験
午前10時~午後4時(随時受け付け) 材料費250円、小学生以上対象
ティンガティンガ体験教室
(1)午前10時30分~午後0時30分 (2)午後2時~4時、参加無料、各回定員先着10人、幼児以上対象
インドダンスのワークショップ
(1)午前10時15分~11時15分 (2)午前11時30分~午後0時30分 参加無料、各回定員先着20人、小学生以上対象
アフリカのリズムで遊ぼう
午後0時45分~1時45分 参加無料、先着10人、小学生以上対象 ほか多数開催

アンデスの民芸品販売やフェアトレード説明展示、ティンガティンガアートの展示、ケバブサンド(300円)・インドチャイ(200円)の販売などもあり

おでかけ バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ