ホーム > > 特集:おでかけ > お花見はカメラ持参で写真に撮りたい、この桜

お花見はカメラ持参で写真に撮りたい、この桜

街をピンクに染める桜シーズンはもうすぐ! 美しい風景に出合ったら、ぜひ写真として残しておきたいですね。そこで京都の桜に詳しい人たちに、おすすめスポットを聞いてみました。2面では、写真家からのアドバイスも。今年のお花見にはぜひ、カメラを持って出かけてみて。



石畳の花びらやガラス越しの眺め…
周囲との“間合い”を絵のように

(1)雨上がりに撮影。「花びらの色が少し濃くなって、しっとりとした雰囲気がすてきです」。雨宝院=上京区上立売智恵光院上ル 写真提供:「京都さくら探訪」(文藝春秋)

(2)「中庭から桜を見あげるのも良いですが、旧本館の廊下に立ってガラス越しに、奥の建物と一緒に写真におさめても」京都府庁旧本館=上京区下立売通新町西入薮ノ内町 写真提供:「京都さくら探訪」(文藝春秋)

イラストレーターのナカムラユキさん。「晴れの日、雨の日、天気によってもいろいろな桜が楽しめます」

2011年に出版した本「京都さくら探訪」(文藝春秋)のために、京都の桜を1万枚以上自ら撮影したというイラストレーターのナカムラユキさん。たくさん撮ったなかでも「思わず写真に撮りたくなるような、桜は?」との問いに返ってきた答えは「ちょっと“間合い”のある桜」。

見せてくれたのは、花びらが散った石畳が写真の真ん中をすうっと通った雨宝院(1)や、建物の中からガラス越しに見た京都府庁旧本館の中庭の桜(2)。

写真いっぱい桜というのもいいけれど、建物や道などが一緒に存在する景色にひかれるのだとか。「雨宝院は、両側から桜にわっと包まれる感じと、石畳に散った桜がきれいなんです。府庁旧本館の桜は、回廊の中から見ると窓枠が額縁のようになって、桜がキリッと立ち上がって見えるんです。自分なりの視点や切り取り方を持つと、何げない風景がより生き生きと感じられますよ」(ナカムラさん)

その場所ならではのアングルや雰囲気
背景にあるストーリーを感じて

[上写真](4)西陣エリアには、桜の咲く寺院が点在し、隠れた桜スポットなのだそう。水火天満宮=上京区堀川通寺ノ内上ル 写真提供:らくたび

[右写真](3)中門をくぐった西側にたくさんある御室桜。「“足元から雲がわくように”咲くといわれているほど、低木の桜です」。 写真提供:らくたび 京都 仁和寺 世界遺産=右京区御室大内33

らくたびの若村さん。「歴史やストーリーを感じる風景に出合うと、見えない歴史が見えるようで写真を撮りたくなります」

京都の旅行企画や京都に関する講座の講師をつとめる「らくたび」の若村亮さん。京都の社寺を歩きまわり、桜の名所は見ごろの時期とともに頭の中にインプットされた、いわばエキスパートです。そんな若村さんが写真におさめたのは、仁和寺の御室桜。遅咲きの桜として知られていますね。

“遅い”だけでなく、“低い”ことも特徴と、若村さん。「地下に粘土層があるため、根が深く張りにくく、桜も約2~3mほどにしかなりません」。

そんな桜ならではの撮影ポイントがあるそう。「花の位置が低いので、場所によっては、桜に囲まれるようなアングルで五重塔の写真が撮れますよ(3)」

もう一カ所は、西陣の街並みに溶け込んだ地域の神社にひっそりたたずむ桜。

「近隣の人たちに愛されている地域の寺社には、観光スポットとは違った風情があります」と、紹介してくれたのは、水火天満宮(4)。紅しだれの下に、桜の時期には毛氈(もうせん)を敷いた縁台が置かれます。桜の色と赤が際立つ美しい光景を思わずパチリ。

リビング京都のホームページに掲載します

この記事を読んで、桜の写真をいっぱい撮りたくなったあなた。
これから撮影する、桜の写真を編集部まで送ってもらえませんか?
送ってもらった写真は、「リビング京都」のホームページで紹介します。われこそは、というあなた、ぜひ送ってくださいね。 お送りいただいた写真の中から、1人に「リビング京都」賞を贈ります。副賞は1万円。どしどし、お送りください。

※今年撮影した、桜の写真に限ります。
 締め切りは、4月30日(火)必着。写真掲示、賞の発表は5月中旬にホームページで

おでかけ バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ