ホーム > > 特集:おでかけ > “新しいお花見”も楽しんで

“新しいお花見”も楽しんで

この時季、楽しみなのはやっぱり桜!という人も多いのでは。例年とはまた違うお花見をしたいなら、こちらに注目。2つのお花見スポットを紹介します。毎年人気の桜イベントもチェックしてみて。

〝新旧〟合わせて80本の桜が競演

線路の両サイドに桜が!(写真は「鳴滝」駅〜「宇多野」駅間の風景)

車窓からのお花見が楽しめる嵐電(京福電鉄)の「桜のトンネル」。北野線の「鳴滝」駅から「宇多野」駅間の約200mにわたり、行きかう電車を覆うように線路の両脇に桜並木が続きます。

この桜は大正時代に北野線の全線開通を記念し、八瀬から移植されたもの。以来、90年間、美しい花を咲かせ、親しまれてきました。季節の風物詩ともなっているこの眺めをさらにパワーアップしようと、今春、30本のソメイヨシノの若木を植樹。〝新旧〟の桜80本による華やかな競演が始まります。

3月4日に桜の若木の植樹式が行われました

「桜のトンネル」のライトアップと「夜桜電車」の運行は今年も実施。区間中、室内灯を消して、ゆっくり走る「夜桜電車」に乗ると、まるで物語の世界のような非日常感を味わえると評判です。

〈ライトアップ期間〉4月4日(金)~6日(日)午後7時ごろ~8時30分ごろ(電車の運行に合わせて) ※詳しくは嵐電ホームページに告知。桜の開花期間中、「桜のトンネル」は随時楽しめます
〈運賃〉200円(小学生以下は100円)
〈問い合わせ〉京福電気鉄道鉄道部運輸課
TEL:075(801)2511、http://randen.keifuku.co.jp/

初企画! 緑豊かな公園でライトアップ

芝生広場に併設された「せせらぎエリア」周辺の桜も満開(写真は昨年の日中の様子)

桂川右岸に位置し、スポーツやレクリエーションの拠点として多くの人に利用されている「洛西浄化センター公園」(アクアパルコ洛西)。

園内にはテニスコートや球技場のほか、ブランコ、すべり台といった遊具を備えた芝生広場があり、天気のいい日にはピクニックにやって来る家族連れでにぎわうそう。

今年、同園では初の企画として、「さくらライトアップ」を開催。メインとなる3本の桜の木をライトアップするほか、周辺の桜並木にもちょうちんを飾り、ほんのりとした明かりで雰囲気を盛り上げます。通常は利用時間外となっている夜の公園風景はちょっぴり新鮮。春の風を感じながら、ゆっくり散策をどうぞ。

〈ライトアップ期間〉4月4日(金)~6日(日)午後6時~9時
〈料金〉無料
〈アクセス〉阪急バス「洛西浄化センター」停すぐ ※駐車場あり(400円)
〈問い合わせ〉京都府立洛西浄化センター公園管理協会
TEL:075(951)9161、http://www.jade.dti.ne.jp/~rjpark/top.htm

今年も、あの桜を見に出かけませんか

「長岡京桜まつり」 長岡天満宮、八条ヶ池周辺

期間中、ライトアップを実施。八条ヶ池の水面に夜の桜が浮かびあがるロマンチックな眺めが楽しめるので、そぞろ歩きにぴったりです。
4月5日(土)・6日(日)には、同エリアに模擬店や音楽イベントが登場(正午~午後6時)。

〈ライトアップ期間〉4月6日(日)まで。
午後6時~9時
〈アクセス〉阪急「長岡天神」駅より徒歩10分
〈問い合わせ〉長岡京市商工会
TEL:075(951)8029、http://www.nagaokakyo-shokokai.jp/

「春らんまん 桜まつり」 向日神社

野だてや地元の高校生による吹奏楽演奏など多彩なプログラムが祭りを彩ります。4月5日(土)は夕方からかがり火がたかれ、炎に照らされた幻想的な桜を見られますよ。

〈期間〉4月5日(土)正午~午後8時、6日(日)午前10時30分~午後5時
〈アクセス〉JR「向日町」駅より徒歩25分
〈問い合わせ〉向日市商工会=TEL:075(921)2732、http://muko.kyoto-fsci.or.jp/

「桜祭(雅楽祭)」 梅宮(うめのみや)大社

神苑の八重桜の開花時期に行われていた春の大祭が平成8年に復活しました。「平安雅楽会」が雅楽と舞楽を奉納します。午前9時30分~午後4時30分にはお神酒の無料接待も。

〈期間〉4月20日(日)午前11時45分ごろ~(雅楽奉納・約30分)
〈料金〉無料 ※神苑の拝観は有料(大人500円・小中学生300円)
〈アクセス〉市バス「梅宮大社前」停すぐ、阪急「松尾大社」駅より徒歩15分
〈問い合わせ〉梅宮大社=TEL:075(861)2730 http://www.umenomiya.or.jp/

おでかけ バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ