ホーム > > 特集:おでかけ > 地元のアジサイの名所へ

地元のアジサイの名所へ

梅雨の時季に見ごろを迎えるアジサイは、雨の滴が似合いますね。今回は、地元のアジサイの名所を紹介します。格別の趣を求めて、あえて雨の日に出かけてみるのもおすすめですよ。

三室戸寺/一面の〝花園〟はライトアップも

(左)山門の朱色とアジサイの色のコントラストも楽しんで (右)ライトに照らされると、昼間とは異なった幻想的な雰囲気に

〈住所〉
宇治市菟道滋賀谷21
(京阪「三室戸」駅から徒歩約15分)
〈アジサイ園・拝観期間〉
6月1日(日)〜7月13日(日)午前8時30分〜午後4時30分(午後4時受け付け終了)
※ライトアップ期間は、6月14日(土)〜29日(日)の土・日曜、午後7時〜9時(午後8時30分受け付け終了)。昼夜入れ替え制
〈拝観料〉
大人500円、小学生以下300円
〈問い合わせ〉
三室戸寺=TEL:0774(21)2067

四季折々の花が美しく咲くことから、 “花の寺”と称される三室戸寺。アジサイの名所としても有名で、毎年約10万人の拝観者が訪れるのだとか。

5000坪の庭園内に50種1万株が咲き誇るさまは、まるで花園のよう。まっすぐに伸びた杉木立をアジサイが埋め尽くす光景が一面に広がります。

夜にはライトアップを実施する期間も。ライトに浮かび上がるアジサイが幻想的です。

藤森神社/安らぎを感じる かれんな姿

〝アジサイの宮〟と呼ばれる初夏の景色が広がります

藤森神社の境内には、アジサイ苑が2カ所。セイヨウアジサイやガクアジサイを中心に、オタフクアジサイやアナベルなど3500株のアジサイが咲き乱れます。

計1500坪の庭園で見ることができる、さまざまな色や形のアジサイに魅了されそう。

6月15日(日)には「紫陽花祭」の神事が行われます。

〈住所〉
京都市伏見区深草鳥居崎町609 (JR「JR藤森」駅から徒歩約5分、京阪「墨染」駅から徒歩約7分)
〈拝観期間〉
6月上旬〜7月上旬の午前9時〜午後4時 ※期間は開花状況に合わせて前後する可能性あり
〈拝観料〉
300円
〈問い合わせ〉
藤森神社=TEL:075(641)1045︎

惠心院(えしんいん)/まずは表門でお出迎え

アジサイ一つ一つの形や色もじっくり鑑賞してみては

宇治川の東岸から少し坂を上ったところに立つ古刹(こさつ)・惠心院。表門の両脇に植えられたアジサイが訪れる人を迎えてくれます。

境内にはこぢんまりとアジサイが開花。ゆっくりと花をめでていると、時間がたつのを忘れてしまいそう。

〈住所〉
宇治市宇治山田67(京阪「宇治」駅から徒歩約7分)
〈拝観期間〉
6月上旬〜7月上旬の午前6時〜午後5時
※期間は開花状況に合わせて前後する可能性あり
〈拝観料〉
無料
〈問い合わせ〉
惠心院=TEL:0774(21)3942︎

おでかけ バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ