ホーム > > 特集:おでかけ > 噴水で“涼”を感じて

噴水で“涼”を感じて

キラキラ光りながら、空に向かって噴き上がる水。噴水は、見ただけでも涼しさが感じられますよね。暑くなってきたこの季節、噴水のある風景を求めて、出かけてみませんか。

水上橋からの眺めを楽しんで/長岡京市 八条ヶ池

長岡天満宮の参道の北側に、2つの噴水があります

  • 〈住所・アクセス〉長岡京市天神2(阪急「長岡天神」駅から徒歩約8分)
  • 〈問い合わせ〉長岡京市商工観光課=TEL:075(955)9515

長岡天満宮の前に広がる八条ヶ池の水面(みなも)にさらに涼感を添えるのが、北側の2つの噴水。約30分ごとに水が噴き上がります。
おすすめは池にせり出した水上橋からの眺め。屋根の付いたあずまやもあるので、爽やかな風に吹かれながら景色を楽しんで。
池の周りには、四季折々の植物が見どころの遊歩道も。6月上旬は花ショウブが見ごろを迎えます。

桜並木の中心地点/向日市 噴水公園

彫刻のようなデザインが西洋風

  • 〈住所・アクセス〉向日市上植野町浄徳11(阪急「西向日」駅から徒歩約5分)
  • 〈問い合わせ〉向日市公園住宅課=TEL:075(931)1111

住宅地の中で目を引く、こちらの広場の噴水。1988年に設置されて以来、町のシンボルとして地域の人に親しまれてきたそう。東西に延びる道は「噴水通」と呼ばれています。
この噴水を中心に四方に続くのは、春には華やかに道を飾る桜並木。今の季節は、美しい緑が目に鮮やかです。水が出るのは、約1時間おき。横のベンチで一休みしながら、噴き出るタイミングをのんびり待つのもいいですね。

水遊びにぴったり/長岡京市 バンビオ広場公園

暗くなると、噴き出し口のそばの照明が点灯

  • 〈住所・アクセス〉長岡京市神足2-3-2(JR「長岡京」駅から徒歩約1分)
  • 〈問い合わせ〉長岡京市公園緑地課=TEL:075(955)9716

気軽に水遊びをするなら、JR「長岡京」駅前のバンビオ広場公園へ。ここには地面から噴き出るタイプの噴水がありますよ。
水は円形の石畳にある12カ所の穴から、ランダムに出る仕組み。次はどこから出てくるのか、期待しながら待つ子どもたちの姿が目に浮かぶよう。日没後はカラフルな照明が点灯し、昼間とはまた違った幻想的な雰囲気です。
※6月中旬に3日間ほど工事予定

登山客の憩いの場/大山崎町 小倉神社

水は常時噴き上がっています

  • 〈住所・アクセス〉大山崎町字円明寺小字鳥居前83(阪急「西山天王山」駅から徒歩約15分)
  • 〈問い合わせ〉小倉神社=TEL:075(956)2044

天王山の麓に位置する小倉神社。参道を進むと、石と植木に囲まれた噴水が見えてきます。神社の裏手は登山口とあって、仲間と集合したり、下山してから一息ついたりと、登山客の憩いの場所となっているとか。
噴き出ている水は、天王山を流れる久保川から引いたもの。境内の奥へ進むと、川の流れを目にすることもできます。辺りの木々がつくる木陰に入れば、さらに涼しさを感じられるのでは。

おでかけ バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ