ホーム > > 特集:おでかけ > 音楽を聞きに、地元のホールへ

音楽を聞きに、地元のホールへ

日に日に寒さを感じるこの季節。近場のホールへ、音楽を味わいに出かけませんか。プロ、学生、子どもたちと、出演者の顔ぶれもさまざま。生演奏の迫力を体験できますよ。

「ウエスティ音暦 冬~弦楽合奏による冬のメロディー~」

バイオリン、チェロなど、弦楽器のメロディーが重なります

京都市立芸術大学音楽学部の学生による演奏会「ウエスティ音暦(おとごよみ)」。夏の管・打楽器演奏に引き続き、今回は弦楽専攻生が登場します。
プログラムを見れば、ドボルザーク、ショスタコービッチなどが作曲をした楽曲が。学生たちののびやかな演奏を堪能しましょう。

  • 〈日時〉12月6日(日)午後2時開演
  • 〈会場・アクセス〉京都市西文化会館ウエスティホール
    (西京区上桂森下町31-1/市バス「千代原口」停から徒歩6分)
  • 〈料金〉無料
  • 〈問い合わせ〉京都市西文化会館ウエスティ=TEL:075(394)2005

「文化フェスティバル2015」

出場するのは全38組。5時間以上にわたるステージです

右京区民を中心とした、地元住民の晴れ舞台。学生や園児たちも登場する、にぎやかなステージです。合唱をはじめ、力強い和太鼓や、優雅な大正琴の音色に耳を傾けてみて。
プロミュージシャン・一番星哲也さんは、歌だけではなくトークでも楽しませてくれるとのこと。ダンスやマジックのパフォーマンスも見られます。

  • 〈日時〉12月13日(日)午前10時30分~午後4時
  • 〈会場・アクセス〉京都市右京ふれあい文化会館
    (右京区太秦安井西裏町11-6/JR「花園」駅から徒歩5分)
  • 〈料金〉無料
  • 〈問い合わせ〉右京区役所地域力推進室まちづくり推進担当=TEL:075(861)1264

「邦楽一心ライブ」

「青春メドレー」として演奏されるのは「青い山脈」など懐かしさを感じる曲

「多くの人に邦楽に親しんでほしい」。そんな思いを持ったメンバーが集まる「邦楽一心(いっしん)」のライブでは、尺八、三弦、琴といった和楽器によるアンサンブルが行われます。
邦楽は尺八だけの音色を満喫できる〝本曲〟、定番の合奏曲〝古曲〟、メロディーを聞かせる〝新曲〟の3つの構成で。ギターなどの演奏もありますよ。

  • 〈日時〉12月13日(日)午後1時30分開演
  • 〈会場・アクセス〉京都市西文化会館ウエスティ
    (西京区上桂森下町31-1/市バス「千代原口」停から徒歩6分)
  • 〈料金〉無料
  • 〈問い合わせ〉邦楽一心(担当:北口さん)=TEL:090(8446)0812

「ふらっとコンサートvol.10 熱冬~ラテンジャズ~」

20~70代のメンバー、約20人が所属する「オルケスタ山崎」

熱気あふれるラテン音楽に、寒さも忘れられるかも。昨年出演したラテンジャズビッグバンド「オルケスタ山崎」が、アンコールの声に応えて今年も会場を盛り上げてくれます。
オリジナル曲「グラシアス・アミーゴ」をはじめとしたラテン音楽を聞けば、リズムに合わせて自然と体も動き出しそう。

  • 〈日時〉12月12日(土)午後3時開演
  • 〈会場・アクセス〉長岡京市中央生涯学習センター バンビオ1番館3階メインホール
    (長岡京市神足2-3-1/JR「長岡京」駅から徒歩1分)
  • 〈料金〉大人600円、小学生~4歳300円、3歳以下無料 ※ワンドリンク、クッキー付き
    ※前売り券は大人500円、小学生~4歳は同額。同センター受付で販売
  • 〈問い合わせ〉長岡京市中央生涯学習センター=TEL:075(963)5500

「第8回長岡京音楽祭 国民文化祭記念コンサート」

華やかなオーケストラの音色が会場に響きます

「長岡京市民管弦楽団」「京都シンフォニカ」を中心とした特別編成のオーケストラが、味わい深いクラシック音楽を奏でます。
「バレエ音楽『くるみ割り人形』抜粋」は「京都市少年合唱団」のコーラス付き。オーケストラに合わせ、子どもたちの歌声が楽しめます。かわいらしい舞台になりそうですね。

  • 〈日時〉12月13日(日)午後2時開演
  • 〈会場・アクセス〉京都府長岡京記念文化会館
    (長岡京市天神4-1-1/阪急「長岡天神」駅から徒歩6分)
  • 〈料金〉1000円
  • 〈問い合わせ〉長岡京音楽祭実行委員会事務局=TEL:075(955)5711

おでかけ バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ