ホーム > > 特集:おでかけ > “福”を招く節分行事

“福”を招く節分行事

「鬼は外、福は内!」。2月3日(水)の節分には、地元の寺社でさまざまな行事が行われます。豆まきだけではない見どころも。春と福を呼び込みに、足を運んでみませんか。

島原太夫も一緒に豆まき

法住寺(東山区)

午後0時30分からの餅つきでは島原太夫が餅を丸めます

豆まきの前の楽しみは、本堂前での餅つきです。つかれた餅を丸めるのは、あでやかな姿の島原太夫。餅はぜんざいにして振る舞われます。
暴れる鬼を豆をまいて退散させた後は、参拝者に住職や島原太夫から福豆が授与されます。てんぐがついでくれる“長寿笹酒”のもてなしも。

節分会

午前10時~甘酒供養
午後0時30分~餅つき、ぜんざい供養
午後1時30分~鬼法楽、豆まき
午後2時~厄除・開運 星供採燈大護摩供(ほしくさいとうおおごまく)
午後3時~長寿笹酒供養
〈住所・アクセス・問い合わせ〉
東山区三十三間堂廻り655(市バス「博物館三十三間堂前」停から徒歩3分)
TEL:075(561)4137

無病息災を願って にぎやかに「北野追儺式」

北野天満宮(上京区)

演者たちによって、にぎやかに豆がまかれます

毎年、無病息災を願う多くの参拝者が訪れる中、特に注目が集まるのが「北野追儺(ついな)狂言」と日本舞踊の奉納です。
狂言では迫力ある鬼が登場。続く日本舞踊では、上七軒の芸妓(げいこ)や舞妓(まいこ)が華やかに舞台を彩ります。最後は演者たちが勢ぞろい。活気ある豆まきが見られますよ。

節分祭・北野追儺式

午前10時~節分祭
午後1時~北野追儺狂言、日本舞踊、豆まき
〈住所・アクセス・問い合わせ〉
上京区馬喰町(京福「北野白梅町」駅から徒歩5分)
TEL:075(461)0005

岩をくぐる“ぬけ参り”で けがれを清めて

日向大神宮(山科区)

「天の岩戸」をくぐり、厄よけ祈願を

外宮、内宮の先にある「天の岩戸」へ。節分の日にこの岩をくぐり抜けることを「ぬけ参り」といい、罪やけがれが払い清められ、福を招くとされています。今年1年の幸せを願い、薄暗い穴を通り抜けましょう。
午後4時からは献火神事、古札の焼納が行われ、境内に厳かな雰囲気が漂います。

節分祭

午後4時~献火神事、古札の焼納
〈住所・アクセス・問い合わせ〉
山科区日ノ岡一切経谷町29(地下鉄「蹴上」駅から徒歩15分)
TEL:075(761)6639

「鬼やろう!」の声が 境内に響きます

日向大神宮(山科区)

「大儺之儀」に現れる方相氏。衣装や道具も平安時代の様式を再現しているとのこと

平安時代、宮中では年中行事として追儺式が行われていました。それを再現したのが、午後2時から始まる「大儺之儀(だいなのぎ)」です。四つ目の白い仮面をつけて現れるのは、鬼を払う神様・方相氏(ほうそうし)。「鬼やろう!」と叫びながら、邪気や罪を追い払うのだとか。
広々とした境内を鬼が逃げ回る「豆まき行事」も見応えあり。その後、大極殿で福豆がまかれます。

節分祭

正午~奉納狂言
午後1時~節分祭
午後2時~大儺之儀
午後3時~豆まき行事、大火焚神事
〈住所・アクセス・問い合わせ〉
左京区岡崎西天王町(市バス「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこメッセ前」停から徒歩5分)
TEL:075(761)0221

おでかけ バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ