ホーム > > 特集:おでかけ > 春と福を招く節分行事

春と福を招く節分行事

2月3日(金)は春の訪れを告げる節分。地元の寺社では、招福を祈願するさまざまな行事が行われます。厄を払って福を授かりに、出かけてみませんか。

石見神楽のラストシーンは迫力あり

松尾大社(西京区)

石見神楽での一幕。きらびやかな衣装でダイナミックな動きを披露します

松尾大社の「節分祭」の見どころは、午前10時から行われる石見(いわみ)神楽。島根県益田市の民俗芸能無形文化財に指定されている、出雲神話を題材にした伝統芸能です。スサノヲノミコトがヤマタノオロチを退治する、迫力あるラストシーンに注目を。
午後の神事では、宮司による追儺(ついな)行事に続き、福男と福女の福豆まきがスタート。授与される福豆(300円)には抽選券が付いています。

2月3日「節分祭」

  • 午前10時~正午ごろ 石見神楽奉納
  • 午後1時30分ごろ/午後3時30分ごろ 神事、福豆まき
  • 午後1時~5時 福豆福引き抽選会 ※1人1回のみ。抽選券付き福豆(300円)は2月1日(水)~3日(金)に授与

【アクセス・問い合わせ】
松尾大社=西京区嵐山宮町3(阪急「松尾大社」駅から徒歩3分)、TEL:075(871)5016

マスコットキャラクターも登場

長岡天満宮(長岡京市)

3匹の鬼を追い払い、幸せを祈願します

3匹の鬼を、豆まきで退治! 長岡天満宮の「節分祭」では、年男・年女が豆をまき、鬼を追い払います。
登場するのは鬼だけではありません。長岡京ガラシャ祭のマスコットキャラクター「お玉ちゃん」や、京都府の広報監「まゆまろ」も駆けつけ、行事を盛り上げますよ。菓子、植木などが販売される「天神楽市」や、バルーンアートの配布も楽しみ。

2月3日「節分祭」

  • 午後2時30分 神事、豆まき
  • 午前10時~午後4時 天神楽市
  • 午後1時30分 バルーンアートの配布(先着200人)

【アクセス・問い合わせ】
長岡天満宮=長岡京市天神2–15–13(阪急「長岡天神」駅から徒歩10分)、TEL:075(951)1025

塔頭で、七福神めぐりを

天龍寺(右京区)

福を授かりに、毎年多くの人が集まるそう

古くから福を招くと信じられている七福神。「天龍寺節分会」では、七福神をまつる七つの塔頭(たっちゅう)をまわる「七福神めぐり」が行われます。山門入り口で福ささ(2500円)を授かり、それぞれの寺でお札をいただきましょう。
豆まきは3回にわたって実施されます。嵯峨・嵐山・広沢小学校と嵯峨中学校の生徒が手がけた書道と絵画の展示や、無料の甘酒接待もあり。

2月3日「天龍寺節分会」

  • 午前8時~午後4時30分 福ささ・絵馬授与(2500円、空くじなし大福引き・大福豆付き)、節分大茶会(有料)、甘酒無料接待、書道・絵画展(午後4時30分まで)
  • 午前11時30分ごろ/午後1時30分ごろ/午後3時30分ごろ 大福豆まき

【アクセス・問い合わせ】
天龍寺=右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68(京福「嵐山」駅からすぐ)、TEL:075(881)1235

「福は内!」、僧侶のかけ声はこれだけです

大覚寺(右京区)

転読法会の様子。お経が読み上げられた後、豆まきが始まります

大覚寺の「節分会」は、「星まつり」とも呼ばれています。その年の運命をつかさどる星を供養。祈願をささげれば、人生に幸福と平和がもたらされるのだとか。
この後はいよいよ豆まき。僧侶から参拝者に向けて福豆がまかれます。そのかけ声は「福は内!」のみ。寺の中に鬼はいないとの考えから、「鬼は外」と言わないそうですよ。

2月3日「節分会(星まつり)」

  • 午前10時 星まつり、転読法会、福豆まき ※拝観料要(大人500円、小学生~高校生300円)

【アクセス・問い合わせ】
大覚寺=右京区嵯峨大沢町4(JR「嵯峨嵐山」駅から徒歩17分)、TEL:075(871)0071

おでかけ バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ