いろいろ混ぜごはん

サンショウの辛みと香りをアクセントに/「釜揚げしらすと搾菜(ザーサイ)の混ぜごはん」

教えてくれた人
「中国料理菜格(さいかく)」
大久保政英さん

口に入れると、中国産のサンショウ“ホアジャオ(花椒)”の香りがふわり。

「ホアジャオはマーボー豆腐などに使われるスパイスで、ピリッとした辛みとスーッとした香りが特徴です。『花椒オイル』は炒め物など、何でも使えます。オイルを作るのが難しければ、ごま油に代えると、また違う味わいが楽しめます」(大久保さん)

ザーサイを切って混ぜるだけの手軽さも魅力の混ぜごはんです。

材料
  • ごはん…………………………2合分
  • ザーサイ………………………100g
  • 釜揚げシラス…………………100g
  • しょうゆ………………………小さじ4
  • いりごま………………………大さじ2
  • シャンツァイ…………………適量
花椒オイル(作りやすい分量)
A
  • サラダ油………………………100g
  • ホアジャオ(ホール状)……5g
作り方
  1. 「花椒オイル」を作る。小鍋にAを入れて、焦がさないよう弱火にかける。プクプクと小さな泡が鍋底から上がってくるのが止まったら、火から下ろし、冷ましておく
  2. ザーサイは軽く洗い、細切りにする。しょうゆと花椒オイル(小さじ4)であえる
  3. ごはんに❷を混ぜる
  4. 釜揚げシラスといりごまも加え、軽く混ぜ合わせる
  5. 器に盛り、ホアジャオ(オイルから取り出したもの)とシャンツァイを飾る
アレンジ!スープおにぎり
混ぜごはんでおにぎりを作り、フッ素樹脂加工のフライパンで焼く(油はひかなくてよい)。熱い鶏ガラスープをかけ、シャンツァイと刻んだトウガラシを飾る

ごま油をきかせて、具だくさん!/「韓国風ごもく混ぜごはん」

教えてくれた人
「キムチのミズノ」
水野植光(うえみつ)さん

「韓国料理では陰陽五行説を大切にし、赤・緑・黄・白・黒の5色の食材が含まれるように気を使っています」と水野さん。

彩り豊かな混ぜごはんは、韓国の具だくさんなのり巻き「キンパ」をイメージしているそう。

「熱々のごはんに、たっぷりのごま油と塩を混ぜるのがポイント。酸っぱくなったキムチを使う場合は、先にごま油で炒めておくと、コクが出ておいしくなりますよ」

材料
  • ごはん……………………………………2合分
  • ハクサイキムチ(刻んだもの)………30g
  • ニンジン…………………………………1/3本
  • ホウレンソウ……………………………1/2束
  • 卵…………………………………………1個
  • カニ風味かまぼこ(さいておく)……1本分
  • 塩、砂糖、しょうゆ、ごま油、………各適量
A
  • 牛肉(細切れ)…………………………100g
  • 砂糖、しょうゆ、酒……………………各小さじ1
作り方
  1. 牛肉の甘辛煮を作る。小鍋に砂糖、しょうゆ、酒を入れて沸騰させ、牛肉を加えて色が変わるまで煮る
  2. ニンジンは細切りにして塩ゆで。ごま油で軽く炒めて塩で味付けする
  3. ホウレンソウは塩ゆでし、固くしぼって、食べやすく切る。砂糖、しょうゆ、ごま油各小さじ1を合わせたもので味を付ける
  4. 卵に砂糖小さじ1と塩少々を加えて、錦糸卵を作る
  5. ごはんに塩(小さじ1/2)とごま油(大さじ2)を混ぜる
  6. キムチとカニ風味かまぼこ、❶❷❸❹を軽く混ぜ、器に盛る。刻みのりといりごま(各分量外)をかける
アレンジ!海苔巻き
手巻きずしのように焼きのりで混ぜごはんを巻く。皿に盛り、いりごまをふる

しっかり濃い味の肉・野菜がからみます/「肉みそライス」

教えてくれた人
「肉洋食オオタケ」
大竹康貴(やすたか)さん

「白ごはんにぴったりな、“濃い味”を混ぜ込んだ一品を考えてみました」と大竹さん。少し甘めに仕上げた野菜入りの肉みそは、大人から子どもまで好まれる味ですね。

「粗びきのミンチだと風味がアップします。さらにこだわるなら、牛肉や豚肉を自分で粗く刻んだものを使ってください。さらにおいしく、かつ食べごたえが増し、ごちそう感がアップします」

材料
  • ごはん…………………2合分
  • 合いびきミンチ………150g
  • タマネギ………………1/4個
  • ニンジン………………1/4本
  • ピーマン………………1個
  • サラダ油………………大さじ1
  • オオバ…………………適量
A(合わせておく)
  • 砂糖……………………大さじ1強
  • しょうゆ………………大さじ2
  • みそ……………………大さじ1弱
  • 酒………………………大さじ1.5
  • みりん…………………大さじ2
作り方
  1. タマネギ、ニンジン、ピーマンを全て粗めのみじん切りにする
  2. フライパンを弱火で温め、サラダ油をひいて❶を木べらで混ぜながら炒める
  3. しんなりしたら合いびきミンチを加え、色が変わるまで炒める
  4. Aを加え、混ぜながら1分ほど煮詰める
  5. ごはんに❹を混ぜて器に盛り、刻んだオオバを飾る
アレンジ!ライスグラタン
耐熱皿に混ぜごはんを敷く。炒めたホウレンソウを混ぜたホワイトソース、とろけるチーズ、パン粉の順にかける。オーブン(200℃)で焦げ目が付くまで焼き、刻みパセリをふる

食 バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ