ホーム > > 特集:食 > 冷や麺 満足レシピ

冷や麺 満足レシピ

暑い時期、食卓にのどごしの良い麺類が登場する回数が増えますね。ただ、手軽で食べやすい半面、栄養の偏りが少し心配。そこで役立つのが、栄養もばっちりとれる冷や麺レシピ。一皿で満足できそうな4品を紹介します。

酸味のきいたゴマだれでさっぱりと

茄子と豚肉のピリ辛ごまだれつけ麺

《材料・2人分》
  • 冷や麦…2束
  • 豚肉(しゃぶしゃぶ用薄切り)…100g
  • ナス…1本
  • キュウリ…1/2本
  • プチトマト…6個
  • ミョウガ…1個
  • ネギ(小口切り)…適量

A(ごまだれ)

  • 練りごま(白)…大さじ3
  • めんつゆ(ストレート)…150cc
  • みりん・酢…各大さじ1
  • 豆板醤…小さじ1/3~1/2
  • 白ごま…適量
《作り方》
  • Aの材料を全て混ぜ、ごまだれを作って冷やしておく
  • ナスは縦8等分にカットし、ゆでてザルにあげる。豚肉も同じ熱湯でさっとゆでる。冷水にとり、冷めたらザルにあげて水気をよくきる
  • キュウリは薄切りにし、塩少々(分量外)をふって5分おく。しんなりしたら水気をしぼる
  • プチトマトはヘタを取って半分にカット
  • ミョウガは縦半分に切り、縦にスライスする。水に1分ほどさらし、水気をしぼる
  • 冷や麦は説明書通りにゆで、流水でもみ洗いし、水気をきる
  • 器に⑥を盛り、②~⑤の具材とネギを乗せる。白ごまを散らし、①のごまだれを添える

疲労回復効果があるビタミンB1が豊富な豚肉やゴマを使い、酢を利かせたたれでいただく、具だくさんなつけ麺です。つけだれには、すりおろしたショウガを混ぜてもOKです。

「暑いとき、調理のためにコンロの前に長い時間立つのはしんどいですよね。加熱の工程も極力少なくしました」(山上さん)

キッチンみのり

山上公実(ひろみ)さん

次のページでも
もう1品!

さわやかカラーで見た目も涼しげ

ハーブとスパイス、レモンの冷やしうどん

《材料・2人分》
  • うどん(細麺)…2玉
  • エビ(殻をむき、ゆでたもの)…6匹
  • キュウリ(千切り)…1本分
  • 赤タマネギ(スライス)…1/4個分
  • レモン(スライス)…4枚
  • ディル、ミント…適量

<レモンスープ>

  • サラダ油…大さじ1
  • タマネギ(みじん切り)…1/4個分
  • クミンパウダー…小さじ1
  • レッドペッパー(一味で代用可。辛いのが苦手な人は省いても)…小さじ1/2
  • レモンの皮(みじん切り)…小さじ1

A

  • めんつゆ(2倍濃縮)、レモン汁、水…各70cc
  • みりん…35cc
  • しょうゆ…大さじ1
  • すりおろししょうが…小さじ1
《作り方》
  • レモンスープを作る。Aの材料を全て混ぜておく
  • フライパンを中火で熱し、サラダ油を入れ、タマネギを透き通るまで炒める。クミンパウダー、レッドペッパー、レモンの皮を加え、30秒ほど炒めたら火からおろす
  • ①に②を加え、冷やしておく
  • うどんは説明書通りにゆで、流水でよくもみ洗いし、水気をきる
  • 器に④を入れ、③をかける。エビ、キュウリ、赤タマネギ、レモンと氷(分量外)を盛り付ける
  • ディルとミントの葉を手でちぎって乗せる

ちょっぴりスパイシーなレモンスープが特徴の一品。

モモさんによると、スープに香りをつけているクミンは胃腸を整えるスパイスなのだとか。

「キュウリとディルとミントの組み合わせは相性がよく、さわやか。シーフードにも合います」とモモさん。

桃草舎

モモさん

次のページでも
もう1品!

食 バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ