ホーム > > 特集:健康・美容 > 大人のたしなみ 老け見え予防学

大人のたしなみ 老け見え予防学

普段何気なくしている、メーク。いつの間にか年齢とズレが生じているかもしれません。いつまでも若々しい女性でいるための選択をして、脱・老け見えを!

MAKE

〝引き算メーク〟でナチュラルな立体感と美しさを
教えてくれたのは

メイク・ネイル学科
エステティック学科
佐々木美代子先生

若い頃はスッピンに近い化粧でも十分だったのに、今の年代だと顔全体がくすんで見える。しっかりメークすると、顔だけが浮いている印象になる。今までのメークの仕方や色使いがしっくりこなくなった。そんな悩みを抱えてはいませんか。メークで第一印象を大きく左右しているかもしれませんよ。今回、基本からトレンドのメーク術まで知り尽くした、国際ビューティファッション・製菓大学校の佐々木美代子先生に、40代以降の女性が押さえるべきメークのポイントを聞きました。

「シミやしわなどを隠そうとして、どんどん濃くするのはNG。かえって老けて見えるので〝引き算メーク〟をマスターしましょう。若い時のメークは一旦忘れ、入れるべき色やポイントをしっかり押さえて、立体感のある美しさを手に入れてほしいです」。

また、メークが映えるためには素肌づくりが大切だとも教えてくれました。「化粧水やクリームを塗りながら、年齢の出やすい目の周り、首〜デコルテのラインをマッサージするのもおすすめです」。

もしかして、こんなメークしていませんか?
  • シミ、しわ、毛穴、くすみ…隠したいところばかりで、どんどんメークが濃くなる
  • メーク方法は20代の頃から変えていない
  • スッピンのほうがナチュラルな美しさを演出できると思ったのに、顔に元気がなく見える

などなど……

そんな悩みを抱える皆さん! 〝老け見え〟しないポイントを聞きましたよ

MAKE UP START!

モデル/降矢直美さん(50歳)

「普段から全体的にきちんとメークはしていますが、自己流なので、ポイントを教えてほしいです」。

  • Point

    顔の際までファンデーションやパウダーをしっかり塗ってしまうと、首との差が目立ってしまいます。
    しっかりとメークするのは顔の中央のみにし、周囲に向かってぼかしていくようなイメージで。

  • ベース→リキッドファンデーション→パウダー(おしろい)の順で塗る。 しっかり派の人は、最後パウダーファンデーションを重ねてもOK。ほうれい線などしわが寄りやすい部分は薄付きに。パール入りは光りの光沢で毛穴を目立ちにくくする効果あり。

  • 縦じわが気になる方は中央にグロスを。最近は、一人一人の血色に合わせて発色するリップが登場。肌なじみもいいので、忙しいミセスにぴったりです。

  • 肌なじみのいいピンクオレンジ系を選んで。

    のせるときは、
    ブラシを後ろからスライド

  • Point

    シミやくすみには、コンシーラーを活用! ファンデーションで隠そうとして厚塗りになるのを防ぎ、自然な仕上がりに。

  • 形をしっかり整えるため、眉山から描き始める。パウダーで自眉を埋めていくイメージです。色は髪色に合わせるのが基本ですが、黒髪の場合も少しブラウンが入っているものを選びましょう。

    眉山黒目の外側のラインに合わせるのがベスト

  • まぶたがたるみがちになるので、太く入れると、上についてしまうかもしれませんよ。注意してみて。

  • 全体に濃い色を使うとくすんだ印象になるので、二重幅にだけ塗り、全体にはホワイト系の明るい色で立体感を演出。目の下に入れるとくまを隠してくれます

ナチュラルメークが完成

美肌は一日にしてならず!日頃のケアが大切です

メークのノリをよくするためには、美肌もポイントの一つ。日頃の肌のケアをしっかりして、ワントーン明るい肌を手に入れて。自分に合った基礎化粧品を使うのもポイントです。

  1. メークをしている時は、クレンジングを使ってしっかり落とす。ゴシゴシこすってはダメ。
  2. 美肌は水分が命! そして顔はデコルテまでと思って! 化粧水をたっぷりと首〜肩までなじませる。
  3. 美容液を化粧水と同様になじませる。
  4. クリームでしっかりと水分を閉じ込める。

時々シートパックを活用するのもおすすめ

健康・美容 バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ