ホーム > > 特集:おでかけ > 音楽やダンスとの新たな出会いの場に

音楽やダンスとの新たな出会いの場に

コンサート、演劇、ダンスなど、年間を通じて多種多様な公演、催しが行われている「ロームシアター京都」。こちらで、同館主催のイベント「ホリデー・パフォーマンス」シリーズが始まります。参加は無料。休日、気軽に足を運んでみては。

開催場所となるパークプラザ3階のロビー。「地元の方に、気軽に訪れてもらいたいですね」。と担当の長野さん

企画担当の長野夏織さん

エレベーターを降りると、そこはずらり本棚が並ぶ「ブック&アートギャラリー」。ソファで読書をしたり、家族で談笑したり、人々が思い思いにくつろいでいます。

京都市の岡崎エリアにある「ロームシアター京都」の3階。この場所をステージに、今夏からスタートするのが「ホリデー・パフォーマンス」です。「普段から自由に使えるスペースとして開放しています。『ホリデー・パフォーマンス』でも、ふらりと立ち寄ったついでに音楽を楽しんでもらえれば」。そう話してくれたのは、同館の音楽事業・広報を担当する長野夏織さん。

開催は年4回、音楽をはじめとしたさまざまなパフォーマンスを、誰でも無料で楽しめます。初回、2回目の公演内容は〝現代音楽”が中心。

長野さんによると、現代音楽にはクラシックのように楽器の旋律やハーモニーが存在しない曲もあるそう。「即興性が高く、演劇のような要素があるものも」。さまざまな手法があり、一言で説明するのは少し難しいジャンルのようです。

開館以来、多くの現代音楽の公演を担当する中で、一般の人には「よくわからない」と敬遠されているのでは、と感じていた長野さん。なんとかそのおもしろさを知ってもらいたいと思ったのが、今回の「ホリデー・パフォーマンス」発案のきっかけだったのです。

目でも楽しめる、ワクワクの体験を

  • 「アンサンブル九条山」は、京都を拠点に広く演奏会を開催。メンバーそれぞれが現代音楽のソリストとしても活躍しています

  • 京都市左京区で結成された「瓜生山オーバートーン・アンサンブル」。さまざまな楽器や生活用品などを使った即興演奏が人気

1回目、2回目には京都を拠点に活躍するグループが登場します。

7月14日(日)は、「アンサンブル九条山」。「『コーヒーブレイク』という曲目では、コーヒーの紙コップが楽器代わりに。ほかにも弦楽器を打楽器のように使うなど、パフォーマンスも見どころです」。楽器以外に、歌の領域を超えた〝声〟のパフォーマンスもあるそうですよ。

8月31日(土)は「瓜生山オーバートーン・アンサンブル」が出演。「口琴(こうきん)」「タンプーラ」などのめずらしい民族楽器での演奏のほか、「ホーメイ」というロシア・トゥバ共和国に伝わる発声法を使った喉歌(のどうた)による民謡が披露されます。炊飯釜などの生活用品を使った演奏もあるというからびっくり。

「どちらも音楽の既成概念が覆ると思いますよ」と長野さん。

3回目以降は、ダンスと音楽のコラボレーションなどさまざまなジャンルのパフォーマーやグループに出演してもらいたいと考えているそう。「いずれも感覚で楽しめるものなので、親子でもぜひお越しくださいね」

問い合わせはロームシアター京都=TEL:075(771)6051へ。

「ホリデー・ パフォーマンス」

※参加無料、予約不要

日時
Vol.1 7月14日(日)午後2時~2時45分
Vol.2 8月31日(土)午後2時~2時45分
場所
ロームシアター京都
パークプラザ3階共通ロビー
(左京区岡崎最勝寺町13、市営地下鉄東西線「東山」駅から徒歩約10分)

おでかけ バックナンバー

過去の記事一覧はこちら »

このページのトップへ