ホーム > カルチャー倶楽部 > 特別講座!ルーヴル美術館展の魅力

new
四条烏丸

特別講座!ルーヴル美術館展の魅力

ヴェロネーゼ「女性の肖像」
通称「美しきナー二」

〝肖像〟に焦点を当てた「ルーヴル美術館展 肖像芸術・人は人をどう表現してきたか」が、9月より大阪市立美術館で開催中です。見どころである「ナポレオン」の生涯と王家の人々についてや「美しきナーニ」などのルネサンス・バロック・ロココの巨匠たちの肖像画などをじっくり解説します。美術館展へ行く予定のある方もそうでない方も、作品への理解を深め、芸術世界を楽しみましょう。

  • 講座詳細
  • フォトギャラリー
  • お申し込み
講師小林佳子(アートナビゲーター・美術史学会会員)
日時各(金)午前10時30分~正午。11/9、12/14(全2回)
受講料4320円
別途料金教材費200円
持ち物筆記用具
申込締切日開講初日の7日前(土・日・祝日除く)
会場四条烏丸会場
京都市中京区蛸薬師通高倉西入ル 京都リビング新聞社ビル2階(受付)
会場の地図はこちら »

開講中でも受付可能な講座もあります。
お気軽にお電話下さい。

■お問合わせ・お申込みはお気軽にお電話ください

担当スタッフが講座についてご案内いたします

TEL:075-212-4728

受付/平日:午前10時〜午後6時
※土・日・祝除く

※「ホームページを見て『講座名』・『開講日時』について…」とお伝えください

Webからのお申込みは、上記の『Web申込み』のフォームより必要事項を入力の上、送信してください。

このページのトップへ